中日、3連勝で3位DeNAと2ゲーム差 アルモンテ逆転弾&好返球、勝野2勝目

9

2020年09月21日 21:34  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真3回に逆転の右越え2ランを放つ中日・アルモンテ=ナゴヤドーム
3回に逆転の右越え2ランを放つ中日・アルモンテ=ナゴヤドーム
○ 中日 9 − 3 ヤクルト ●
<16回戦・ナゴヤドーム>

 中日は3連勝。借金を4に減らし、3位・DeNAとのゲーム差を2に縮めた。

 中日は1点を追う3回、3番・アルモンテが7号2ランを右翼席へ運び逆転。4回は5番・高橋の右前打、続く阿部の犠打で一死二塁の好機を作り、7番・平田の左中間を破る適時二塁打で3点目を奪った。5回は2番・京田、続くアルモンテの連打で無死一、三塁とし、4番・ビシエドの中犠飛で4点目。その後も6番・阿部の三塁線を破る2点適時二塁打、続く平田の中前適時打で7−1とリードを広げた。

 7回は8番・木下拓が、左中間へ2点適時二塁打を運びダメ押しの2点を追加。打線は8回までに12安打9得点と効率よく加点した。

 先発の勝野は8月30日の巨人戦(東京ドーム)以来の一軍登板。2回に4番・村上に先制ソロを浴びたあと、なおも二死二塁で8番・松本に左前打を許したが、二塁走者の本塁突入を左翼・アルモンテが好返球で阻止。バックの好守備にも救われ、不安定だった序盤を最少失点で切り抜けた。

 1点リードの4回は遊撃・京田の失策などで一死満塁のピンチを招いたが、7番・中山を注文通りの二ゴロ併殺斬り。6回は1点を返され、なおも一死一、三塁のピンチだったが、2番手・又吉が好救援。勝野は6回途中8安打3失点の力投で2勝目(3敗)をマークした。

このニュースに関するつぶやき

  • ド〇ラモンテって、考えてることが同じ人がいた。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ナゴドでヤクルト戦なら、こんなものだけど、それより勝野をヤクルトキラーって言っている人が。ヤクルトにしか勝てない(勝ったことがない)投手を、キラーとは言えない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定