石丸幹二、『おカネの切れ目が恋のはじまり』第2話に出演 松岡茉優演じる主人公の父役に

0

2020年09月22日 05:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真石丸幹二(c)TBS
石丸幹二(c)TBS

 石丸幹二が、9月22日放送の松岡茉優主演ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の第2話に出演することが決定した。


【写真】娘役の松岡茉優


 本作は、2019年に放送されたTBS金曜ドラマ『凪のお暇』を手がけた大島里美の完全オリジナル脚本作となるラブコメディ。中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九鬼玲子(松岡茉優)は、とある過去が原因で“清貧”という価値観で生きるアラサー女子。金銭感覚が独特で、お金の価値ではなく、自分が愛する“モノ”の本質を大切にして暮らしている。その玲子が勤めるおもちゃメーカーの御曹司・猿渡慶太(三浦春馬)は、“浪費”にかけては天賦の才能を持った男。そんな慶太は浪費が高じて、父である社長に営業部から玲子がいる経理部への異動を命じられる。金銭感覚が両極端な“清貧女子”と“浪費男子”が出会い、ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込むことになり、おカネ修行を通してひと夏の恋物語が繰り広げられていく。


 石丸が演じるのは、九鬼玲子の父・桃田保男。謎めいた存在だった父・保男は、玲子が“清貧”となるきっかけにもなった人物で、現在は玲子と玲子の母・サチ(南果歩)とは疎遠になっている。


 第2話では、玲子が慶太の“ほころび”を繕うために、仕事でも私生活でもお金の使い方を徹底的にチェックしていたが、あまりにもかけ離れた価値観でなかなか噛み合わない。そんな中、玲子は偶然鉢合わせた営業部の純(北村匠海)と慶太の話で意気投合、一方、純は玲子への好意を確信する。慶太は元カノのまりあ(星蘭ひとみ)の婚約相手・山鹿(梶裕貴)がモンキーパス社長の富彦(草刈正雄)に会社の赤字事業である「わくわくスポーツランド」のリニューアルを提案していることを知り、対抗心が芽生える。そして、あるアイディアを思いつき、玲子、純、早乙女(三浦翔平)も巻き込み、6人でテニスコンペを開催することに。しかし、そこで慶太のおせっかいが玲子の怒りを買ってしまい、山鹿の裏の顔まで判明してしまい……。


(リアルサウンド編集部)


    ニュース設定