【失恋】「やって本当によかった」経験者たちに聞いた、2つの乗り越え方

1

2020年09月22日 15:02  ウレぴあ総研

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
どんな終わりであれ、失恋は辛いもの。

元カレ・元カノのLINEをブロックしたら…本当にあった「ヤバい事件」3選

「いつまでも好きだった人を思い出して先に進めない」と悩む人は多いですが、いつまでも落ち込んだままでは心身ともに悪い状態が続きます。

失恋を乗り越えた男女に、「これをやって辛さを乗り越えた」「やってみて本当によかった」ことを聞いてみました。

■「本当にやってよかった」経験者たちに聞いた失恋の乗り越え方

■1: 相手の連絡先を消す・思い出は隠す

「自分でもめちゃくちゃ未練があるのがわかっていたので、元カノの電話番号やLINEのIDを削除、写真なども全部消しました。

こちらからは絶対に連絡できない状態にしたら、最初はすごく辛かったし、元カノからの連絡がいっさい来ない現実も悲しかったけど、時間が経てば“これが普通”と思えるようになりましたね。

とにかく跡を残さないのがいいと思います」(男性/30歳/インストラクター)

「元彼からもらったものはすべて箱に入れて、普段開けない押し入れの奥にしまいました。目に入るからダメなんだろうな、と思って、スマホの連絡先などもすべて消しました。

それから部屋の模様替えもして、元彼の気配がすっかり消えた中で生活していたら、思い出すことが少なくなって元気になれました」(女性/28歳/サービス)

「何だそんなことか」と思うかもしれませんが、意外とできないのが“別れた相手の存在を日常から消す”ことです。

連絡先を残したり思い出の写真がずっとスマホにあるなど、つながりを感じられると未練はいつまでも続きます。

消せないのは、心のどこかで「また話せる日が来るかもしれない」「相手から電話がかかってくるかもしれない」など、希望を持ってしまうから。

本当にそんな瞬間が訪れるとしても、今のネガティブな状態では相手とまっすぐに向き合うことは難しく、一度すっぱりと痕跡を抹消して「相手のいない日常」を受け入れるのが先。

復縁を望む人の場合、どうしても過去の思い出を手放せずに「昔に戻る」ことを考えますが、そもそも今のふたりではダメだから別れてしまったのであり、よりを戻したいとしても自分をリセットして新しい心を手に入れることが肝心です。

すぐできるけれどなかなか行動に移せないのが、相手の気配を日常から消すこと。

それは、別れた事実をきちんと受け止める覚悟でもあるといえます。

まずは別れた相手と自分を切り離す意識が、元気を取り戻す一歩になると心得ましょう。

■2.「未練」と「不毛さ」をとことん考える

「ケンカ別れを繰り返しては気持ちを素直に伝えられない彼氏がいて、数日連絡しなかっただけでまた『もう俺に関心はないってことだよね、さよなら』と留守電に入っていました。

いつもならすぐに電話して弁解するのですが、いい加減、これじゃ自分がダメになる! と思い、本当に付き合いたいかどうかをじっくり考える時間を持ちました。

彼氏の言動や私の態度を紙に書き出し、どこが好きでどこがダメなのか自分に問いかけたら、『常に私が気を使って彼氏の機嫌をとっている不毛さ』に気がついて。

私が追いかけないと続かないお付き合いなんて、これから先も幸せになれるはずないですよね。

彼氏に変わってほしいと伝えようかなと思ったのですが、過去の経験から『何で俺が?』と言われることが想像できたし、私が変わればきっと彼氏はまた不機嫌になってケンカをふっかける。

そこまで思い至って、このまま別れようと決めました。

彼氏はおそらくいつものように私がすがってくるのを待っているだろうなと思ったけど、連絡していません。

未練はありますが、それ以上に彼氏との関係の不毛さが気持ち悪く、やっと自由になれたと思います。

焦らずとことん気持ちと向き合うって、大事ですね」(女性/34歳/営業)

こちらの女性の場合、周りから「もう別れたほうがいいよ」と何度も言われていましたが、「愛されたい気持ちが勝ってしまって」つらい関係を続けていました。

ですが、相手から一方的に別れを告げられ、「いつまでこんな関係が続くのだろう」と足が止まったのだといいます。

未練はあっても、自分を尊重してくれない人とお付き合いしたって、自信を奪われるだけです。

連絡したい気持ちを抑え、気持ちを具体的に書き出したことで、いかに自分たちのつながりがおかしいかを客観的に見ることができました。

これも失恋といえますが、今まで目をそむけていた現実を彼女は知り、「本当にやってみてよかった」と話していました。

別れは冷静さを奪います。

特に相手から突然言い出された場合など、混乱するしとにかくすぐに話を、と思ってしまいますが、それがかえって泥沼になることも。

お付き合いは対等な関係だからこそ、相手のペースに巻き込まれずに一度立ち止まる勇気を持つことが、最終的に自分を救うのではと思います。



失恋の辛さは人それぞれですが、乗り越えるならまず相手と自分を分けること、心理的にも物理的にも距離をとることが、頭を冷やすために有効です。

正しく現実を知ることが、ポジティブな心を取り戻す一歩と思いたいですね。

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定