エラの張りが気になる人は我慢体質の人が多い!? セルフエステでエラ張りを改善/ビジュアルでわかりやすい 30秒セルフエステでオンナを磨く

2

2020年09月22日 15:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『ビジュアルでわかりやすい 30秒セルフエステでオンナを磨く』(出口アヤ/三笠書房)
『ビジュアルでわかりやすい 30秒セルフエステでオンナを磨く』(出口アヤ/三笠書房)

カリスマエステティシャンが明かす「たったこれだけの簡単テクで、みるみる美しくなる最強メソッド」。30秒で小顔に、美肌に! エステに行かなくても、高い化粧品を使わなくても、今スグ自分で自分をもっとキレイにできる!

エラの張りが気になる人は、我慢体質の人が多い

 「エラの張りが気になるんです」という方の顔を触らせてもらうと、張りがあるケースがほとんどです。

 エラが張る原因としては、骨格の問題もありますが、歯を食いしばる癖やストレスなどが大いに関係してきます。

 歯をぐっと噛みしめる時にかたくこわばるのが、エラのあたりにある「咬筋」という筋肉。この、「ぐっ」と噛みしめてしまう時、心の中には、どんな感情を思い浮かべますか?

 そう、「我慢」です。

 私が見る限り、エラの張りを気にしている方は「我慢体質」。いつも歯をぐっと噛みしめて、頑張ってしまう方に多いようです。

 ここをこわばったままの状態にしておくと、筋肉はますます硬直し、盛り上がって見えることがあります。

 咬筋をじっくりとほぐすことで、エラの張りはだんだん和らぎ、解消されてきます。

 「日頃我慢が多いな……」という方も、咬筋のあたりをやさしくほぐしてみましょう。

 筋肉の硬直を和らげると同時に、我慢の感情も解放していくことができます。

 最初は少し痛みがあるかもしれませんが、続けていくことで、筋肉はやわらかくなっていきます。

 やわらかくなると同時に、エラの張りも気にならなくなるはずです。

ビジュアルでわかりやすい 30秒セルフエステでオンナを磨く

エラ張り改善セルフエステ

ビジュアルでわかりやすい 30秒セルフエステでオンナを磨く
オイル量 5円玉分

Step_1

奥歯を噛みしめる時に張る筋肉(咬筋)に人差し指と中指のカギ指をあて、螺旋を描きながらほぐす。

ビジュアルでわかりやすい 30秒セルフエステでオンナを磨く

ビジュアルでわかりやすい 30秒セルフエステでオンナを磨く

Point!
くいしばりや歯ぎしりは、寝ている時に無意識に行っている場合も。この、かたくなった筋肉を緩めることで、肩こりの改善にも効果が!

Step_2

耳の下の骨が出ているところ(下顎骨)に親指の先を入れこみ、細かく揺らしながらほぐす。

ビジュアルでわかりやすい 30秒セルフエステでオンナを磨く

ビジュアルでわかりやすい 30秒セルフエステでオンナを磨く

Step_3

顔を横に向けた時に、耳の後ろから喉仏にかけて出る筋肉(胸鎖乳突筋)を、親指の腹とカギ指の人差し指でつまみ、上下に細かく揺らしながらほぐす。

ビジュアルでわかりやすい 30秒セルフエステでオンナを磨く

<第4回に続く>


動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 寧ろ逆ニダヨw
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定