多くの人が間違えて覚えている!「破天荒」の本当の意味と語源って!? /毎日雑学

2

2020年09月23日 06:41  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真6割以上の人が勘違いしている!「破天荒」の本当の意味と語源って!? /毎日雑学
6割以上の人が勘違いしている!「破天荒」の本当の意味と語源って!? /毎日雑学

 身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

【こちらも読みたい】▶野菜味じゃないよね!? お菓子の「サラダ味」って結局何味?

 この雑学では、皆が間違えている「破天荒」という言葉の意味と語源について解説します。

雑学クイズ問題

【破天荒という言葉の意味は?】

 A.人の迷惑を考えないこと

 B.天気がかなり荒れていること

 C.豪快で大胆な様子

 D.誰も成し得なかったことをすること

 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

皆が間違えてる「破天荒」の意味と語源とは?

 バラエティ番組などで「破天荒」という耳にすることがよくあります。

 とある芸人さんは「破天荒芸人」などと呼ばれていますよね? 皆さんはこの「破天荒」という言葉の意味を正しく説明できますか?

 たとえば、「破天荒な人」とはどのような人なのかを思い浮かべてください。おそらく皆さんの頭の中には「豪快で大胆でとにかくはちゃめちゃな人」が浮かんだのではないでしょうか?

 実はその「破天荒」の意味は、間違いなのです! でも、非常に多くの人が間違えて覚えている言葉なので安心してください。今回の雑学では、「破天荒」という言葉の意味と、その語源をわかりやすく解説します。この記事で正しい意味を覚えて、他の人にちょっと自慢してしまいましょう!

 それでは、まずは「破天荒」という言葉の本当の意味から説明していきましょう。

6割以上の人が勘違いしている!「破天荒」の本当の意味と語源って!? /毎日雑学

【破天荒という言葉の本当の意味】

「破天荒」という言葉について辞書で調べると以下のような意味であることがわかりました。

・前人のなしえなかったことを初めてすること。また、そのさま。前代未聞。未曽有(みぞう)。「―の試み」「―な大事業」

 こうやって改めて調べてみるとよくわかりますが、イメージしていた意味とは全く違いますよね? でも、「破天荒」の間違った言葉の意味はどこからやってきたのでしょうか?

【本当に多くの人が間違えている事実】

 文化庁によって行われた平成20年度の「国語に関する世論調査」では驚きの結果が出ています。

 調査方法とは、「彼の人生は破天荒だった」の正しい意味を答えるというものです。

 本来の意味である「だれも成し得なかったことをすること」と答えられた人が16.9パーセントだったのに対して、間違った意味である「豪快で大胆な様子」と答えた人は、なんと64.2パーセントもいました。

【破天荒という言葉の語源について】

 それでは、最後に破天荒という言葉の語源についてふれていきましょう。破天荒という言葉は古く、時代は中国が唐だった時代に遡ります。

 当時の難関試験である科挙(官吏登用試験)は、その合格者が1名も出ない荊州では、人々から「天荒」と呼ばれていたそうです。その試験に劉蛻(りゅうぜい)が初めて合格した際に、人々は「天荒を破った」と言ったそうです。

「天荒」を「破った」ということで、「破天荒」。誰も合格できなかった難関試験を見事突破したところからできた故事成語だったんですね。

 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

まとめ

 「破天荒」という言葉の意味は「だれも成し得なかったことをすること」である。

 しかし、文化庁による世論調査では「豪快で大胆な様子」と間違えている人が64.2パーセントもいた。

 語源は、唐の時代の科挙と呼ばれる難関試験を突破した故事成語からきている。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。

雑学.com

このニュースに関するつぶやき

  • 科挙の試験は受けて見たかった。
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定