ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone 3」が日本上陸 5G対応で16GBメモリ搭載

46

2020年09月23日 11:22  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真日本で発売となる「ROG Phone 3」
日本で発売となる「ROG Phone 3」

 ASUS JAPANが9月23日、ゲーミングスマートフォン「ROG Phone 3」の国内投入を発表。9月26日に発売する。16GBメモリ搭載と12GBメモリ搭載の2種類を用意する。同社によると、16GBメモリは国内のAndroidスマートフォンでは最大容量となるという。価格(税別)は16GBモデルが12万9800円、12GBモデルが11万9800円。



【その他の画像】



 6.59型のフルHD+(1080×2340ピクセル)の有機ELディスプレイを搭載しており、強化ガラスとしてCorning Gorilla Glass 6を採用している。リフレッシュレートはROG Phone IIの120Hzから144Hzに向上しており、100種類以上のゲームが144Hz駆動に対応している。タッチサンプリングレートは270Hzに向上し、タッチ操作の遅延はROG Phone IIの49msから25msに短縮した。ディスプレイ内には指紋センサーを内蔵している。



 プロセッサはSnapdragon 865+を搭載しており、ASUSがベンチマークテスト「Antutu」で計測したところ、ROG Phone IIの50万3998を上回るスコア、65万7870を記録した。内蔵ストレージは512GB、バッテリー容量は6000mAhとなる。30WのACアダプターが付属しており、Quick Charge 4.0やUSB Power Delivery 3.0にも対応する。バッテリーの寿命を延ばせるよう、設定した時間帯で満充電にする予約充電や、充電の上限を100%未満に調整する機能を用意した。



 快適にゲームを遊べるよう放熱性能も強化し、ROG Phone IIより6倍大きいヒートシンクを採用。付属の空冷ファン付き「AeroActive Cooler 3」を装着すると4度温度が下がる他、より冷えた空気が端末内に行き渡るよう放熱構造を変更した。AeroActive Cooler 3には新たにキックスタンドも付け、動画視聴時にも活用できる。



 バックグラウンドの全てのメモリを一度解放し、メモリをゲームに割り当て、ゲームデータの処理性能を最適化する「Xモード」も継承している。ゲームのコンテンツや設定を一元管理できる「Armoury Crate」では、ゲームごとにパフォーマンスやリフレッシュレート、タッチ感度などを調整できる。



 本体を横向きに持った際に、ゲームで使うボタンを本体側面の左端(L)と右端(R)に割り当てられる「エアトリガー」では、より多くの操作が可能になった。従来のタップ操作に加え、長押し、スワイプ、スライドでの操作ができるようになった。さらに、LとRでそれぞれ外側と内側のボタンに2分割し、計4つのボタンを割り当てられる「デュアルパーティション」設定も利用可能になった。



 アウトカメラは6400万画素のメインカメラ、1300万画素の超広角カメラ、500万画素のマクロカメラで構成される。インカメラは2400万画素を搭載する。



 ASUSのスマートフォンとしては初めて5Gに対応しており、ドコモ、au、ソフトバンクの5Gネットワークに対応することをASUS側で確認済みとのこと。対応バンドは5Gがn1、n2、n3、n5、n28、n41、n66、n71、n77、78、n79、4GがB1、B2、B3、B4、B5、B7、B8、B12、B13、B17、B18、B19、B20、B25、B26、B28、B29、B30、B32、B66、B71、B34、B38、B39、B40、B41、B42、B48となる。



 5Gと4Gの組み合わせでDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)にも対応している。Wi-Fi 6にも対応しており、モバイル回線とWi-Fiを自動で切り替える設定も用意している。



 サイズは約78(幅)×171(高さ)×9.85(奥行き)mm、重量は約240g。本体カラーはブラックグレア1色。OSはAndroid 10をプリインストールしている。



 3.5mmイヤフォンジャックは搭載しておらず、USB Type-Cから3.5mmジャックに変換するケーブルが付属する。なおAeroActive Cooler 3には3.5mmイヤフォンジャックが搭載されているので、AeroActive Cooler 3を装着した状態なら、3.5mmミニプラグ付きのイヤフォンを利用できる。デュアルフロントスピーカーとして、ディスプレイ面の上部と下部にスピーカーを搭載している。



 ROG Phone 3に装着して2画面化できる「TwinView Dock 3」、ゲーム用のコントローラーとして使える「ROG Kunai 3 Gamepad」、ROGロゴが点灯するケース「Lighting Armor Case 3」などの周辺機器を用意。AeroActive Coolerを除き、ROG Phone II向け「TwinView Dock II」「Kunai Gamepad II」などはROG Phone 3でも利用できる。


このニュースに関するつぶやき

  • 数年前からiPhoneより魅力的と思うが買えない
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • うむ………こいつはシャアならええぃ…から始まるぐらいのバケモンだわw
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(31件)

ニュース設定