安斉かれん、“不倫疑惑”にエイベックス騒然!? 「まったく話題にならず」お泊まり愛報道に不穏な気配

0

2020年09月23日 15:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

 本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真かわからないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆

A……スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋20年超の芸能記者
B……週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通
C……WEBサイト記者 通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける若手記者

(前編はこちら)

華原朋美、「前事務所NG」が存在!?

A 芸能界では相変わらず、“独立”“移籍”トラブルが相次いでいますが、先日、プロダクション尾木が、8月末で契約解除になったと公表した華原朋美に関しては、一線を画している印象です。

B まずこれ、新聞とテレビは、ほぼ“取り扱いNG”でしょ?

A おっしゃる通りです(笑)。一応発端は、華原の息子が、高嶋ちさ子から紹介されたベビーシッターに“虐待を受けた”という疑惑が、「フライデー」(講談社)に報じられたことでしたが、尾木プロいわく「この件と契約解除は関係ない」そうで。

B 本当の理由は、「SNSをやりたい」華原と、「SNS禁止を命じた」尾木プロとの溝が深まりすぎたからって聞いたんだけど、ホントかな?

A 大筋ではその通りだと思いますよ。その間にも、華原は細かいトラブルを起こしまくっていて、ついに尾木プロからさじを投げられた、という。

C SNSを禁じられていた反動なのか、華原はいまや連日Twitterを更新し、YouTubeでも動画を配信するなど、積極的に情報発信をするようになりました。

B こうした華原の現状を報じるのも、尾木プロ的にはNGなんでしょ(笑)?

A まあいい顔はされないですね(笑)。本来、もう事務所は離れているのだから、華原が何をやっても、また僕らがどう報じても、基本的にストップを掛けられる謂れはないんですけどね。

C 独立してなお「前事務所NG」が成立しているって、ジャニーズ事務所と元SMAPのメンバーみたいな状況(笑)。

B ちょっと先を行きすぎだよね、朋ちゃんは。

A “独立”“移籍”といえば、今年はなんと言ってもオスカープロモーションでしょう。「近々退所か」と言われていた剛力彩芽や岡田結実だけならまだしも、米倉涼子に堀田茜、来月には森泉と、“退社ラッシュ”状態で、マスコミ関係者は騒然となっています。

B どこもかしこも「次は誰が辞める?」「残留か!?」みたいな記事を出しまくっている。退社を本命視されているのは藤田ニコル、残留は上戸彩だけど、どっちにもまったく名前が挙がらない河北麻友子は、ちょっとかわいそう(笑)。

C 報道の際、ほぼ確実に言われているのが「創業者の娘婿が実権を握ったことにより、タレントへの求心力がなくなってしまった」という話ですね。

A これは実際その通りで、よく言われるのが「娘婿夫婦はコストカット主義」という説です。ロクに経費が使えなくなってしまったことから、有能なスタッフが次々と辞めてしまい、タレント側も不信感を募らせてしまった、という。

B それに加えて、実はタレント側にも金銭的な余波が大いに生じているそうだよ。実はうちの雑誌で、元所属タレントのXって子に話を聞いたことがあったんだけど、ハッキリと「ギャラを下げられたから辞めた」って言ってて。

A そこそこ有名な人ですよね。

B うん。なんでも、次回の契約更新で、ギャラを月給から歩合制に変更にするって言われたそう。現在の彼女くらいの仕事量だと、年収が大幅ダウンするのは目に見えていて、でも事務所サイドは「それが嫌なら、辞めてもらっても構わない」というスタンスだと。

C 月給と歩合って、難しい問題ですよね。ガンガン仕事しているうちは歩合のほうがいいのでしょうが、露出が減ることを見越した場合、月給制のほうが安泰という。

A 先々を考えると、大きなスキャンダルを起こして仕事を失うこともあるかもしれませんし、月給のほうがタレントにとって、“優しい制度”だとされています。

B でも、最近になって歩合に切り替わる事務所も増えてるって聞くよ。これもコロナ禍の影響なのかもしれない。

B 最後にちょっと不穏な情報なんだけど。ちょっと前からエイベックス関係者がざわついててさ。

A あそこは常にざわついてる印象ですけど(笑)。今度は何があったんですか?

B 8月に安斉かれんの熱愛報道が出たでしょ。フリーランスの男性とお泊まり愛。

C
 まっっったく話題になりませんでしたよね(笑)。

A 確か後追い報道もNGだった気がします。どのメディアも、そもそも安斉にそこまで興味がなかったので、特に波紋も起こらなかったという。

B あのお相手の男性、実は妻子持ちなのではないかって話が出てる。

C えっ!? それって「不倫」なのでは……。

B だからエイベックス内でも、お泊まり報道に衝撃が走ったんじゃないの。「あれ、不倫じゃなくて熱愛って出てる!?」みたいな(笑)。

C 安斉は、今年4月に放送された連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で、若き日の浜崎をモデルにしたアユ役を演じましたが……私生活も浜崎さながらじゃないですか。浜崎もかつて、既婚者だった松浦勝人氏と“微妙な関係”だったわけですし。

B 今回の安斉の話にしても、20年後にドラマ化されるんじゃないの(笑)。

C そして、“ポスト安斉かれん”として見いだされた新たな歌姫が、かれん役を演じるとか?

A いや、そんな負の連鎖は早々に断ち切るべきでしょう(笑)。というわけで、今回はこのあたりで。

    ニュース設定