光宗薫、“浦島太郎状態”と困惑も技術向上 並み居る実力者たちを突破なるか

0

2020年09月24日 13:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©︎『プレバト!!』)
(©︎『プレバト!!』)
(©︎『プレバト!!』)

お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功がMCを務めるカルチャースクールバラエティ『プレバト!!』(MBS・TBS系)。本日24日よる7時からは秋の3時間スペシャルが放送される。

画像をもっと見る

■土屋伸之、光宗薫はタイトル戦初参戦

(©︎『プレバト!!』)
(©︎『プレバト!!』)

春と秋に実施している名人・特待生のみがプライドをかけて挑む水彩画タイトル戦。今回は春秋あわせて5回目となる「秋の水彩画コンクール」が実施される。

参戦するのは、アンミカ(3段)、ナイツ・土屋伸之(2段)、光宗薫(初段)、辻元舞(1級)、野性爆弾・くっきー!(2級)、田中道子(2級)、Kis-My-Ft2・千賀健永(3級)の7人。昨年の覇者であるアンミカや、前回の春のタイトル戦で優勝した辻元、今回初のタイトル戦参戦となる土屋や光宗にも注目が集まる。

関連記事:ゆきぽよ、『プレバト』俳句査定で汚名返上? 「自信あります!」

■3年ぶり出演で初段に昇格

水彩画査定「特待生第1号」の実力を持つ光宗は先日3年ぶりに番組に出演。その際、「浦島太郎状態…」と久しぶりの水彩画査定に戸惑いがあったものの、見事初段への昇格を果たすなど、ブランクどころか以前よりも、腕を上げていた。

今回のタイトル戦については「できる力は思いっきり出しました…!」というが、初参戦の頂上決戦では水彩画コンクール常連の実力者たちが勢ぞろい。果たして初のタイトル戦で優勝を手にすることはできるか。

■『東大王』とコラボ企画

(©︎『プレバト!!』)

さらに、人気クイズ番組『東大王』とのコラボレーション企画「プレバトVS東大王!秋の他流試合SP」と題した俳句対決も実施される。

ヒロミ率いる『東大王』チームからは、鶴崎修功、鈴木光、林輝幸、砂川信哉、紀野紗良、岡本沙紀ら東大王6人が俳句に挑戦。対する『プレバト!!』チームは、永世名人・梅沢富美男をはじめ、FUJIWARA・藤本敏史、Kis-My-Ft2・横尾渉、立川志らく、千原ジュニア、Kis-My-Ft2・北山宏光ら6人の名人・特待生が集結。

両チームが1対1で俳句を披露し、その合計点数で競うチーム戦となる。

■『東大王』チームも準備万端

長時間かけて予習してきたという『東大王』チームに、ヒロミも「彼らが『勉強してきてる』ということは相当やっていますよ! 違うんです勉強への取り組み方が!」とプレバトチームに対して対抗心を燃やす。

頭脳明晰な東大生たちと『プレバト!!』俳句名人・特待生たちがプライドをかけて17音の言葉の表現力を競うが、果たして勝利を手にするのはどちらのチームか。

■林修先生が俳句査定に挑戦

(©︎『プレバト!!』)

また、林修先生が『プレバト!!』俳句に初挑戦! 「俳句最強の挑戦者!名人認定査定」と題し、夏井いつき先生から出題されたお題で俳句を3句詠み、1つでも「凡人」ならチャレンジ失敗となる。

現代文を教える林先生ならば名人・特待生になるなんて当たり前! というプレッシャーの中で挑む俳句査定。半年分のプレバト俳句コーナーを見て予習をしてきたという林先生だが、一発名人認定となるのか。

■スプレーアートの才能ランキング

そして、大好評につき第2弾となる「スプレーアートの才能ランキング」も実施。町の商店街に協力してもらい、シャッターにカラースプレーのみを使って作品を制作し、その出来栄えをグラフィティアーティストのKAZZROCK先生に査定してもらう。

数々の芸術査定で名人・特待生の座に就く、くっきー!、千原ジュニア、土屋アンナ、松田悟志ら実力者の中に、初登場となるSKE48の北川愛乃が参戦。果たしてどんな作品が生まれるのか。

・合わせて読みたい→梅沢富美男と俳人・夏井いつき先生とのバトルの結末は… 「最終的に『黙れ』で終わる」

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

    ニュース設定