新型コロナ感染の杉浦太陽、退院報告 「効かなくなった嗅覚も無事に戻った」

0

2020年09月24日 14:31  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

新型コロナウイルスに感染し、入院していた俳優の杉浦太陽が24日、自身のブログを更新。同日に退院したことを報告した。

■「嗅覚も無事に戻ってきた」

今月14日に発熱し、15日にPCR検査を受けた結果、「陽性」と判定された杉浦。同日中に平熱に戻ったが、咳の症状があるため、入院治療を行なっていくとスタッフが報告していた。

そして本日、「本日無事に退院致しました」と報告。関係者へのお詫びの言葉を述べるとともに「いつも応援して下さっている皆様、あたたかいメッセージが本当に励みになりました。ありがとうございました。おかげさまで元気になりました!」とファンの励ましに感謝をつづった。

20日に更新したブログでは「味覚はあるのですが、嗅覚が効かなくなってしまったのが気になるところです」と、後遺症を疑う症状が残っていることを明かしていたが、「効かなくなった嗅覚も無事に戻ってきました。正直ホッとしております」と伝えた。

関連記事:杉浦太陽、新型コロナ感染で入院へ 妻・辻希美と子供たちは症状なし

■医療関係者、辻希美にも感謝

また、「病院では先生や看護師さんたちが、毎日フェイスシールド、ビニールエプロンや手袋を取り替えながら、献身的に、お世話をしてくださいました」と入院生活を回顧。「感謝の思いでいっぱいです」と医療関係者への謝意も記した。

さらに、「長い間、家を守ってくれた妻にも感謝です。家に戻れることの安堵感…これが何よりです」と、妻の辻希美への感謝と自身の率直な心境をつづっている。

■辻と子供たちは「陰性」

辻は17日、体調不良等の症状はないものの、保健所から濃厚接触者に認定されたため、子供とともにPCR検査を受診したことをブログで報告。

検査の結果、全員「陰性」だったのだが、一定期間は感染リスクもあるため、保健所の指示通りに「家でのマスク」や「除菌の徹底」をしていると伝えていた。

・合わせて読みたい→辻希美、コロナ感染の夫・杉浦太陽とビデオ通話 「笑顔で会話できた」と喜び

(文/しらべぇ編集部・RT

    ニュース設定