新型Xbox、廉価版を値下げ=PS5との前哨戦過熱

9

2020年09月24日 23:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 米マイクロソフトの日本法人は24日、11月に発売する最新の家庭用ゲーム機「Xbox(エックスボックス)」の廉価版を3000円値下げし、税別2万9980円にすると発表した。25日から予約を受け付ける。

 11月には、ソニー子会社が「プレイステーション(PS)5」を発売する予定。PS5の廉価版は同3万9980円に設定されており、新型ゲーム機の年末商戦に向けた前哨戦が早くも過熱している。

 値下げしたのは、インターネット経由でゲームソフトを取り込むタイプの「シリーズS」で、「市場の状況と顧客のニーズに合わせた」(日本法人)という。ディスク再生装置搭載の「シリーズX」は同4万9980円で変更はなく、PS5の通常版と同じ価格で激突する。 

このニュースに関するつぶやき

  • 今日の午前0時に予約解禁だったようだが、やはり瞬殺とか。多分、日本向けの台数はかなり絞られていると思う。なんせOneの販売7年間の累計台数がPS4やSwitchの初週の1/3程度だから。
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • 先出しで勝ってたのに更に勝ちに行くという。でもこの演出のために最初の価格がブラフだった説も...(;^^A
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

オススメゲーム

ニュース設定