田中圭“瀬野”ラストで見せた笑顔に喜びの声殺到…「アンサング・シンデレラ」最終回

1

2020年09月25日 09:42  cinemacafe.net

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第11話 (C) フジテレビ
「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」第11話 (C) フジテレビ
石原さとみ主演、西野七瀬、田中圭、成田凌らが共演した「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」が9月24日の放送で最終回を迎えた。瀬野の治験から2年、その運命に多くの視聴者が気を揉むなかラストでみせた“復活”に視聴者から喜びの声が上がっている。


石原さんが薬剤師の葵みどり役で主演。西野さんがみどりの後輩薬剤師・相原くるみ役で、田中さんがみどりの先輩で重複がんになる瀬野章吾役で、成田さんがドラッグストアの薬剤師から病院薬剤師になった小野塚綾役で共演し、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂、真矢ミキ、池田鉄洋らも出演。

医薬品全般に対する豊富な知識を生かし、医師の処方箋に基づく調剤や服薬指導、医薬品の管理・販売を行う、患者にとって“最後の砦”ともいえる薬剤師のなかでも病院内の薬剤部で主に患者の薬の調剤、製剤を行う“病院薬剤師”たちの知られざる舞台裏を描いてきた本作。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
前回までに瀬野に重複がんが見つかり治験薬の投与が始まる。それから2年後、みどりは萬津総合病院薬剤部から系列の萬津産婦人科医院で働いていた。みどりは瀬野の治験に至る経緯が問題視され“左遷”されていた。

最終回では、みどりがてんかん既住を持つ妊婦とその母と向き合う姿と、みどりを萬津産婦人科医院に戻そうとする販田聡子(真矢さん)や、成長した薬剤部の面々の姿も描かれた。


みどりを薬剤部に戻そうと病院に掛け合い、みどりを説得するため小野塚を“偵察”に送り込み、自らも萬津産婦人科の医師や看護師の説得にあたる販田。そんな彼女がみどりに“刺客”として送り込んだのは…瀬野だった!

治験の効果もあり回復、みどりの前に笑顔で現れた瀬野に「瀬野さぁぁああああん!!!!!!!」「瀬野さん生きててくれてありがとう」などタイムラインには喜びの声があふれる。


またラストでは仕事に復帰した瀬野と小野塚がともに働く姿も。「瀬野さんと小野塚さんのタッグを一瞬でも見られて感無量でした」「小野塚さんと働いてるのたまらないね」といった声とともに「瀬野章吾と小野塚さんの病院薬剤師〜救命編〜やってくれませんかね?」とスピンオフ希望の声や、「いつでも第二弾始まっても良い、素敵な終わりかた!」と続編希望のツイートも多数投稿されている。

(笠緒)
    ニュース設定