観光業が9割の別府、我慢の限界で盛大に“おもてなし”再開 「来てとはまだ言えないがせめて待ってるとは言わせて」

198

2020年09月25日 14:13  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真パワーあるメッセージ
パワーあるメッセージ

 大分県別府市が、秋・冬の別府温泉観光を促進するキャンペーン「別府温泉 おもてなし再開」をスタートしました。観光業が9割の別府は、「もうウズウズの限界なんでっ!」ということで始めたとしています。限界だったかー。



【動画】別府おもてなし動画を見る



 このキャンペーンでは、観光施設スタッフから市長まで総出で全16本の動画を公開。地獄巡りやラクテンチ、うみたまごなどライバルとも言える12の観光施設が、昨今の情勢を踏まえ「来てくれとは言えないけどお客さまを待っています」と複雑な観光都市の思いを明るく訴えます。



 例えば地獄巡りの動画では、3密対策とソーシャルディスタンスを意識しながら営業していることを強調。さらに新商品として、3種の蜜がかかった「3蜜団子」と12個入りの箱に6個だけ入れている「ソーシャルディスタンスまんじゅう」を販売するとのこと。意外ととがったセンスだ……。



 また、今回のPRに辺り、「別府市民」名義で以下のように大変熱いコメントが発表されています。



別府は働く人の役9割が観光業やけん、誰も来ちくれんかったら大変なんでっ! おもてなしをしたくて、もうウズウズの限界っちゃっ! とはいえ「まだ旅する気分じゃない」っちゅう想いもよう分かるけん、大手を振って「来ちょくれ!」とはまだ言えん……。でもせて「待っちょんで!」とは言わせてほしいっ! 別府は手洗い・消毒・3密対策をとにかく徹底してやりながら、あなたが来るのを待っちょんで! 今はまだ旅に行くのが不安なあなたが、いつの日か、別府温泉に来ちくれるのを待っちょんで! 本当に待っちょんでーっ!


このニュースに関するつぶやき

  • 県民の自分から言わせると7割韓国人2割中国人で日本人なんか1割も観光客に居ないのに大分県の観光業なんか全然潰れた方がいい。
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • コロナは、トレードオフの課題に直面させてくれた。0-100ではなく、最適解を見つけるしかないのだ。ただし、選んだ解が最適解かどうかは、実証できない。覚悟が必要なのだ
    • イイネ!46
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(119件)

ニュース設定