生まれ順【恋の冷め期が早い】ランキング 末っ子は両思いになると一気に気持ちが冷める!?

1

2020年09月25日 17:01  占いTVニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

占いTVニュース

写真写真

 好きな人と付き合えた喜び、幸せがずっと続けばいいのに……。しかし、ドキドキしない、一緒にいてもつまらないなど、カップルには冷め期がやってきます。冷め期が早く訪れるのは、どんなタイプなのか。生まれ順別ランキングでお伝えします。


■第1位 末っ子……満たされると急激に冷める
 兄姉がいる末っ子は、人に対して競争心を抱きやすい傾向にあります。ほしいものがあると、「絶対手に入れたい」と積極的に行動します。恋愛でも、好きになったら、その人のことばかり考えるはず。しかし、恋愛成就し気持ちが満たされると、冷静になります。「何だかこの人ではないかも」と感じ、急激に冷めてしまうことがあるのです。


■第2位 1人っ子……2人よりも、1人の世界にいるのが好き
 1人っ子は、超マイペース。自分の世界を大切にしているので、恋愛だけに没頭する時間はそう長くはありません。もともと人と付き合うことに慣れていない1人っ子。最初は頑張って相手に合わせますが、慣れてくると、居心地のいい自分の世界に戻っていきます。冷めているというより、距離を置いた付き合いが楽なのです。


■第3位 長子………釣った魚にエサはやらない
 長子は恋愛において慎重です。じっくり相手を選び、恋人には誠実に接するため、すぐに冷めるということはありません。ただ、同時進行が苦手なタイプ。仕事などが忙しくなると、そちらに意識が向いてしまいがち。本人は冷めているわけではないのですが、恋人から釣った魚にエサをやらない人と思われ、冷め期と思われるでしょう。


■第4位 中間子……この人と思えば、ずっと愛し続ける
 上と下のきょうだいに挟まれた中間子は、愛情を強く求める傾向があります。そのため、愛し愛される唯一の相手を探しているでしょう。相手は本当に自分を好きなのかどうかきちんと見極め、この人だと思えば、たっぷり愛情を注ぎます。そして、恋が愛へと移行。愛する気持ちが冷めることはなく、2人の絆を深めていくのです。


 冷め期を乗り越えるカップルもいます。今後も一緒にいたいかどうかが、長続きするカギとなるでしょう。
(金森藍加)


>>NEXT:【生まれ順×恋愛傾向】中間子は駆け引き上手なモテ女! クールなところが魅力で欠点


    前日のランキングへ

    ニュース設定