涼原あす菜、10代のころ発生した”事件”がきっかけで大阪に未練が…

1

2020年09月25日 20:51  しらべぇ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

ミニスカポリスのメンバーで、グラビアアイドルの涼原あす菜が、イメージDVD『のほほんたいむ』(竹書房)をリリース。しらべぇ取材班が作品の見所を聞いてきた。

画像をもっと見る

■極寒の中撮影

これまでの作品では「これやってください」という指示のもと撮影することが多かったが、今作は自主的に取り組めたと自信を持つ彼女。

撮影は3月で、まだ寒い季節にもかかわらず、ほぼ裸で外に出なければならなかったため「スゴい寒かったです!」と苦労もあったよう。

関連記事:『涼宮ハルヒ』9年半ぶりの新作にファン驚愕 「マジかよ!」「私の青春」

■反省点はタイトル

そんな今作の自己評価は「80点」。「残りの20点聞きますか?(笑)」と教えてくれた反省点は、タイトルなのだそう。

自身で考えたタイトルとのことだが、じっくり考える前にとりあえず提出したタイトルがそのまま決定してしまったため、「20点下げちゃいました」「中身とタイトルがミスマッチな感じの作品です(笑)」と自虐気味にコメントした。

■大阪への未練とは…

GoToトラベルキャンペーンが話題になっている昨今。「どこか行きたいところある?」と取材陣から質問が飛ぶと、「大阪に未練がある」と気になる発言が。

10代のころにアイドル活動をしていた際、遠征で大阪に行った経験があるそうだが、「ライブハウスから1歩も外に出させてもらえないという事件が起きた」と当時を振り返る。

せっかく大阪に行ったのに全く満喫できなかったため、未練が残っているようだ。

【涼原あす菜(すずはら・あすな)】

1997年5月27日生まれ/T153・B82・W57・H85/血液型:B型/東京都出身/趣味:美術館巡り/特技:絵を書くこと

・合わせて読みたい→清水あいり、シャワーシーンは限界ギリギリ? 「暴走しちゃってる」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎 撮影/HIRO)

    ニュース設定