未来の音声ガイド?「Auris」のプロトタイプ版が提供開始

0

2020年09月25日 21:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
株式会社GATARIは、Mixed Reality音声ARプラットフォーム「Auris(オーリス)」のプロトタイプ版を、文化施設や観光施設向けに提供開始。音声ガイドの新たな形を提案していく。
新感覚の音声ガイドが利用可能に「Auris」では、リアル空間にゲームエンジンを適用。これにより、ゲームのようにインタラクティブな音響体験が実現する。ユーザーは「Auris」が導入された各種施設において、臨場感や没入感のある新感覚の音声ガイドを利用できるという。

ちなみに、「Auris」はラテン語で「耳」を意味する。このネーミングには、「インターネット技術によって人の耳の能力を拡張し、聴覚の持つ新しい可能性を切り開いていく」という思いが込められているとのこと。株式会社GATARIは、年内の「Auris」正式版リリースを目指すとしている。
HICityにて体験会も実施した今回は、HANEDA INNOVATION CITY(HICity)で開催されたイベント「浮世絵 THE WORLD」にて、「Auris」の一部機能の体験会も実施。スマートフォンアプリ「HICity AR」内で、「浮世絵 THE WORLD」の展示物に関する音声ガイドを提供した。

ユーザーはまず、同アプリを立ち上げたスマートフォンのカメラで展示物をスキャンする。その後、展示物に近づくと音声ガイドがスタート。音声ガイドは位置情報に連動しているため、展示物から離れると音声が聞こえなくなるという形でユニークな体験ができたようだ。

PR TIMES(1)(2)

(文・早川あさひ)

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定