F1ロシアGP FP2:メルセデス勢が初日ワン・ツー、リカルドが続く。11番手ガスリーも好調か

1

2020年09月25日 23:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年F1第10戦ロシアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第10戦ロシアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
 2020年F1第10戦ロシアGPの金曜フリー走行2回目(FP2)は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは7番手、アレクサンダー・アルボンは12番手となっている。

 現地時間午後3時からのFP2は気温28度、路面温度は38度まで上がった。上空には青空が広がり、決勝日まで天候の崩れはなさそうだ。セッション開始直後から、各マシンは積極的に周回を重ねる。ソフトタイヤ装着車は皆無で、ミディアムタイヤとハードタイヤを手分けして走るチームが多い。序盤最速は、ミディアムで1分34秒890を出したルイス・ハミルトン(メルセデス)。0.451秒落ちながら、ダニエル・リカルド(ルノー)がFP1同様フェルスタッペンを抑えて2番手につけている。

 開始後20分ほどして、メルセデス勢がソフトに交換。ハミルトンは最速タイムを1分33秒786まで縮めたが、去年フェルスタッペンが出したFP2最速タイムより0.6秒以上遅い。その後ボッタスがハミルトンを0.267秒しのいで首位を奪い返した。

 残りのドライバーも新品ソフトを履き、ここでもリカルドが速さを見せて3番手につけた。ランド・ノリス(マクラーレン)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)と続き、ターン3、4でバランスを乱したフェルスタッペンは6番手にとどまっている。ミスによるタイムロスがあったとはいえ、トップのボッタスとフェルスタッペンの差は実に1.5秒。フェルスタッペンはその後もターン14の先で派手なスピンを喫するなど、セッティングが決まっていない印象だ。アルボンも12番手と苦戦している。

 続くロングランでは、ミディアムのハミルトンを除いて、ほぼ全車がソフトで周回を重ねた。ハミルトンが1分39秒台と突出した速さで、ソフト勢ではリカルドやペレスが1分40秒台前半の安定したペースだ。

 そして中古ハードに履き替えたボッタスが、1分38秒台中盤と驚異的な速さを見せた。メルセデスの速さは相変わらずだが、それ以下は予選もレースも混戦の予感。レッドブルも、決して安泰ではなさそうだ。

 このセッションでのアルファタウリ勢は、ピエール・ガスリー11番手、ダニール・クビアト13番手と、ほぼ定位置というべきポジション。一方でガスリーのロングランペースは特にハードで安定して速く、順調な仕上がりを感じさせた。

このニュースに関するつぶやき

  • ホンダ勢は地味な位置にいるが、実はロングランのペースが速い。走っている動画を見ても安定感がある。何気にフェラーリも改善してきた。
    • イイネ!1
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定