那須川天心、体が異様に真っ赤になった写真を投稿 「俺死ぬっすよ、多分…」

1

2020年09月26日 06:41  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

25日、格闘家の那須川天心選手が自身のツイッターを更新。体が真っ赤に腫れている写真を投稿し、その理由に驚きの声が上がっている。

■天心の胸が真っ赤に

投稿で「みてよこれ まじ痛かった〜」とつぶやき、一枚の写真を投稿した天心選手。そこには脱力、またはしょんぼりとしたした様子の彼が写っているのだが、左胸の部分が異様に真っ赤になっている。しかも、その跡をよく見ると、手形にも見えなくない。

このような状態になった原因については「今日の動画見てくれれば こうなった理由がわかる」として、自身のYouTubeチャンネルへのリンクが貼られていた。

みてよこれ まじ痛かった〜😂 今日の動画見てくれれば こうなった理由がわかるhttps://t.co/n50lfW5lVu pic.twitter.com/znWaFuIlj7

— 那須川 天心 (@TeppenTenshin) September 25, 2020

関連記事:『池の水ぜんぶ抜く大作戦』那須川天心、決死のダイブが怪魚に炸裂

■天心「俺死ぬっすよ、多分」

リンク先は「清宮海斗とプロレスで戦ってきた!」という動画になっており、プロレスラーの清宮海斗選手とコラボしているよう。

現役のプロレスラーに「プロレスを教わる」という趣旨のため、受身やロープワークを丁寧に教わり、「平手打ち」のターンに入ると「軽く受けたいな」と天心選手。そこで、清宮選手が約1割の力で平手打ちを放つと「うわー! 痛ってぇ、マジ痛ってぇ!」とその威力に驚き、呆然としてしまう。

服を脱ぐと打たれた部分が赤くなり、「1割でこれっすよ。俺死ぬっすよ、多分…」と清宮選手の凄さを表現した。

■実際にプロレスをしたところ…

その後、実際にプロレスルールでの試合をする展開に。天心選手はフットワークを活かしつつ習ったプロレス技を繰り広げ、試合はかなりの盛り上がりを見せるが…平手打ちの打ち合いになると、あまりの威力に「無理無理無理!!」とギブアップをして試合終了となった。

試合後に再度服を脱ぐと、天心選手の左胸が先ほど以上に真っ赤になっており、これがツイッターに投稿された写真の原因だったというわけだ。

■「面白かった」と大絶賛

試合では天心選手の抜群のセンスが光っており、清宮選手も「マジで効きました」と称賛していた。

なお、終始楽しげな二人に「おもしろかったー」「楽しいコラボ ありがとうございました」と絶賛の声が相次ぎ、同時に「あんな軽く打ってるのに音が凄い…」「こんな痛がる天心くんは珍しい」「プロレスラーすげーな」と驚きの声も上がっている。

・合わせて読みたい→具志堅用高、YouTubeデビュー 那須川天心との30秒間スパークリングが激アツ

(文/しらべぇ編集部・ステさん

このニュースに関するつぶやき

  • おはようございます。偏見かもだけど、格闘家の半分はプロレスラーになれなかった人というイメージ強いです。だからプロレスごっこが盛り上がるというか。リスペクトあるのは良いですね
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定