「新型コロナで失業の可能性」最も多いのは30代男性 休業で自宅待機も

2

2020年09月26日 11:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

新型コロナウイルスの流行は、経済に大きな打撃を与えている。仕事が暇になり、失業の不安を感じている人も多いだろう。

画像をもっと見る

■「コロナで失業の可能性」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の有職者の男女827名を対象に調査したところ、全体の19.2%が「新型コロナウイルスの影響で失業の可能性がある」と回答した。

関連記事:20代女性の半数が「コロナで外食できずストレス」 友達と集まれない苦痛が…

■仕事がなくなり自宅待機

性年代別では、10代から30代の男性が高い割合になっている。

仕事がなくなり、自宅待機になった人もいる。

「観光施設で働いているけれど、新型コロナウイルスの流行により施設は休業。従業員も自宅待機になり、あのときは職を失うかもしれない不安でいっぱいだった」(20代・男性)

仕事が減っているために、不安に思っている人もいるようだ。

「海外とのやり取りが多い会社なので、新型コロナの流行で仕事量が一気に減った。中小企業のために、この先、どこまで会社の体力が持つのか心配している」(30代・男性)

■今後の不安が強い

失業の可能性を感じていない人も、不安を抱いている。

「コロナが流行していても、なんとか自分の仕事はある。今後の不安はあるけれど、今のところは失業する心配はないと思っているので、がんばって続けていきたい」(30代・女性)

「仕事は一時期リモートになっていたけれど、暇になったという感覚はなかった。ただ新型コロナの流行が続くと思うと、完全に安心してはいられない」(20代・女性)

■非正規雇用のため

非正規雇用の人たちは、新型コロナウイルスの影響を大きく受けたパターンも多いようだ。

「派遣先から、次の契約は更新しないと言われてしまった。今は他の働き先が見つかったからよかったけれど、やはり派遣社員だとこのような状況には弱いのだと思った」(30代・女性)

「バイト先の飲食業が、新型コロナにより休業になった。シフトにまったく入れないために、続けていても仕方ないと思いバイトを辞めた」(20代・女性)

多くの人たちが、新型コロナウイルスによる経済への影響に不安を感じているようだ。

・合わせて読みたい→30代女性の7割がコロナ前より家族の大切さを実感 不安な心を支えられ…

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年4月24日〜2020年4月27日
対象:全国10代〜60代有職者の男女827名(有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • 性差ガー女性差別ガーと先日やってたが、職業そのもの、勤務形態、労働実績等「主力」である、このカテゴリの代わりを出来るのって、どの辺の人達なのかなと思う。女性や老人が代わる?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 性差ガー女性差別ガーと先日やってたが、職業そのもの、勤務形態、労働実績等「主力」である、このカテゴリの代わりを出来るのって、どの辺の人達なのかなと思う。女性や老人が代わる?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定