【菅田将暉ヘア変遷】派手色・オールバック・サラサラ長髪…変幻自在な個性派スタイリング

0

2020年09月26日 12:31  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真菅田将暉 (C)モデルプレス
菅田将暉 (C)モデルプレス
【モデルプレス=2020/09/26】実力派俳優として数々の話題作に出演を重ねる傍らで、アーティストとしても精力的に活動し、幅広い世代から愛される菅田将暉。ここでは、彼のこれまでのヘアスタイルについてまとめる。

【写真】菅田将暉、報道受けファンに宣言「表に出る仕事をしている以上、覚悟しています」

◆男らしい短髪アップバング

映画「アルキメデスの大戦」初日舞台挨拶や、「タロウのバカ」完成披露上映会が行われた2019年夏から秋に向けて披露していたのが、この短髪アップバングスタイル。

前髪を上げておでこを見せることによって、菅田のチャームポイントとも呼べる凛々しい眉が際立ち、より男らしい印象を与えている。

◆センター分けにオールバック…自在な前髪アレンジ

髪の長さだけでなく、前髪アレンジも様々なスタイリングを披露してきた菅田。センター分けヘアでは、アップバング同様におでこを見せつつも、サイドは少し外巻きにしてニュアンスを出している。

また、ウェットな質感のあるオールバックは、上品なジャケットスタイルにもよく似合い、セクシーな雰囲気を醸し出している。

◆横分けや、ナチュラルヘア…自在な前髪アレンジ

横分けヘアやナチュラルに前髪を下ろしたアレンジは、清潔感があり、爽やかなスタイリングに。

一方、前髪を大胆にハネさせた“無造作風”のヘアセットは、カジュアルで遊び心たっぷりなアレンジに仕上がっている。

◆アンニュイな長髪・パーマヘア

2017年から2018年にかけては、ウルフヘアや、肩につくほど伸ばしたミディアムヘア、ツヤのあるマッシュボブなども公開。いずれも前髪を重くすることで、愛らしくもどこかアンニュイな雰囲気を演出している。

また、ボリューミーで立体感のあるパーマヘアや、ドレッドを思わせるカーリーヘアなどの個性的なスタイリングも、菅田にかかれば何でも似合ってしまう。

◆派手髪で雰囲気ガラリ

ここからは、雰囲気がガラリと変わる派手髪をご紹介。インパクト大の赤髪には、さらにインパクトのあるパーマヘアやリーゼントでクールにセット。

また、2019年の「第70回NHK紅白歌合戦」では、ド派手な金髪姿で登場して視聴者を驚かせたが、それ以前にも、映画「火花」(2017年)ではホワイトに近いブロンド、映画「帝一の國」(2017年)完成披露試写会では銀髪と、バリエーション豊かな派手髪を披露している。

◆最新ヘア・スタイリッシュな結び髪

最後に紹介するのは、先日放送終了したドラマ「MIU404」(2020年、TBS系)や映画「糸」(2020年)舞台挨拶などで見かけた、髪をきゅっと後ろで結んだスタイリング。前から見ると、センター分けやオールバックのようにスタイリッシュだが、横や後ろを向くと、ちょこんと見える結び髪が可愛いアレンジに仕上がっている。

自身が演じる役柄や、その時々のシチュエーションに応じて多彩な髪型を披露している菅田。俳優、アーティストとマルチな活動を続ける彼の活躍はもちろん、変幻自在なヘアスタイルにも注目したい。

なお、本企画はモデルプレスInstagramでも公開中。(modelpress編集部)

モデルプレスInstagram:https://www.instagram.com/modelpress/

【Not Sponsored 記事】
    ニュース設定