コロナ対策で失敗繰り返す阪神 「危機管理 能力ない」親会社の阪急阪神ホールディングスが激怒

15

2020年09月26日 12:50  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真阪神の浜地真澄選手(C)朝日新聞社
阪神の浜地真澄選手(C)朝日新聞社
「いきなりこんなことになるとは…。PCR検査の結果が陽性と知らされる数が増えるたびに背筋が凍りました」

【ファンが選んだ平成で最もカッコいいバッティングフォームはこの選手!】

 こう絶句するのは、阪神タイガースの球団幹部。

 阪神は9月25日、浜地真澄(22)、糸原健斗(27)陽川尚将(29)、岩貞祐太(29)、馬場皐輔(25)の選手5人と球団スタッフ2人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たことを発表した。24日夜に2軍の浜地の感染が判明。20日まで1軍に浜地が帯同していたことから、すぐさま全員のPCR検査を実施したところ、1軍メンバーからも陽性者が出た格好だ。

 25日のヤクルト戦(神宮)は急遽、2軍の選手を招集するなど計19人を入れ替えて臨んだが、競り負けた。

 クラスター発生のきっかけは19日の名古屋での遠征だった。

 19日は福留孝介(43)と木浪聖也(26)、江越大賀(27)、小林慶祐(27)と糸原、陽川、岩貞、スタッフ1人の8人が、同市内の別の飲食店を貸し切って会食。そのうち岩貞、陽川、糸原とスタッフ1人が陽性判定を受けた。球団は念のため、福留ら参加者を濃厚接触者と同様に扱うことを決め、計10人が登録抹消された。

「ちょうど2軍も名古屋への遠征。新型コロナウイルスに何人も感染している、ただごとじゃないことがわかったのは、25日の昼くらい。名古屋にいた2軍の選手は全員、陰性だったことで、試合を中止して東京のヤクルト戦に9人が合流。なんとか、試合にこぎつけた」(前出・球団幹部)

 阪神では3月に藤浪晋太郎(26)ら3選手が感染。外出自粛がいわれる最中、他に4選手と球団外の人物とで知人宅で会食したことが問題視された。

 阪神はその後、広島と名古屋の遠征時は球団指定日に限り、球団関係者や家族との外食を許可。問題の19日は指定日だった。外食時は個室、4人まで、手洗い徹底などの制限をつけていたが、今回の8人での会食は明らかなルール違反でクラスターの発生となった。

 球団は会食を「判断ミス」と謝罪したが、阪神の選手管理の甘さの責任を問う声が内外から続出している。

 2005年に阪神は一時、旧村上ファンドが親会社の阪神電鉄の筆頭株主に躍り出るなど紆余曲折の末、阪急電鉄を中核とした阪急ホールディングスが阪神電鉄の株式を取得。阪急阪神ホールディングスとなって、阪神電鉄、阪神タイガースは傘下に入った。阪急阪神ホールディングス幹部はこう言う。

「タイガースは調子がいい時は、親会社の株価など好影響がでる。だが、ひとたびダメになると、落ちた犬を叩く状態。毎年、株主総会でも阪神タイガース関連の質問が続出。それも選手の起用法やドラフトの指名の在り方など細かな話まで1時間以上に及ぶ。困った球団はタイガース関連の質問は、総会が1時間以上、経過してからにしてほしいと条件をつけなければならないほど。熱狂的なファンが多いのは、ありがたい。だが、阪急側幹部には『タイガースは時限爆弾のようなもの』ときつく言う人もいます。影響力の大きなタイガースで今回のようにクラスター発生はさすがにまずい。危機管理甘く、能力が足りない。阪急阪神HDのイメージが低下し、経営にもかかわってくる。今年はコロナで球団経営がこれまでになく、厳しい。となると、タイガースという球団を傘下に置いていることの是非、身売りも論議になってくるのではないか」

(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事

このニュースに関するつぶやき

  • 来期の阪神の補強費はこの件の責任を取って削減。減らした金は宝塚歌劇団のコロナ対策費に変更ですね。阪神は阪急の子会社ですから。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 虎退治は巨人かと思ったら、コロナの方が先か?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定