マリナーズ菊池、6回無失点も白星ならず 2年目は2勝4敗、防御率5.17で終了

2

2020年09月26日 14:30  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真アスレチックス戦に先発登板したマリナーズの菊池雄星
アスレチックス戦に先発登板したマリナーズの菊池雄星
○ アスレチックス 3x − 1 マリナーズ ●
<現地時間9月25日 オークランド・コロシアム>

 マリナーズの菊池雄星投手(29)が25日(日本時間26日)、敵地でのアスレチックス戦に先発登板。6回無失点と好投するも打線の援護なく白星とはならず、2勝4敗、防御率5.17の成績でメジャー2年目を終えた。

 ア・リーグ西地区優勝を決めているアスレチックス打線相手に、初回はテンポ良く3者凡退スタート。2回はバックの失策と二塁打で一死二、三塁のピンチを招いたが、7番・ピスコティを空振り三振、続くラムは遊飛に退けゼロを刻んだ。

 3回以降も得点圏に走者を背負う投球が続いたが、相手の走塁ミスなどにも助けられ無失点投球を継続。2併殺を奪うなど要所を締め、6回99球、4安打5奪三振無失点の内容でマウンドを降りた。

 左腕の粘投に報いたいマリナーズ打線だったが、アスレチックス先発・バジットの前に7回まで無得点。無死二塁で始まる延長10回、相手のバッテリーミスで1点を先制したが、その裏に3点を失いサヨナラ負けを喫した。

 マリナーズはシーズンあと3試合を残し、25勝32敗でア・リーグ西地区4位。すでにポストシーズン進出の可能性は消滅しており、菊池にとってはこれが2020年最後の登板となった。

このニュースに関するつぶやき

  • 勝ち星よりも、防御率が2年連続5点台が印象悪い。この調子では、4年契約でも来季終了後に球団はオプションを行使しない可能性が高い。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定