福島復興は「内閣の方針」=被災地重視、初視察でアピール―菅首相

144

2020年09月26日 18:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真東京電力福島第1原発を視察する菅義偉首相と平沢勝栄復興相(右端)=26日午後、福島県大熊町(代表撮影)
東京電力福島第1原発を視察する菅義偉首相と平沢勝栄復興相(右端)=26日午後、福島県大熊町(代表撮影)
 菅義偉首相は26日、東日本大震災の被災地である福島県を、就任後初めて訪問した。東京電力福島第1原発(大熊、双葉両町)などを視察後、記者団に「福島の復興なくして東北の復興なし、東北の復興なくして日本再生なし。これは私の内閣としての基本方針だ」と強調した。

 首相が初の地方視察に福島県を選んだのは、安倍内閣と同様、菅内閣も「震災からの復興」を重視する姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。

 同原発で、首相は廃炉の1〜4号機を高台から視察。廃炉作業や汚染水処理の状況について東電側から説明を受け、「大変な作業だと思うが着実にやってほしい」と要請した。

 この後、事故や復興を後世に伝えるため、20日に開館したばかりの「東日本大震災・原子力災害伝承館」(双葉町)を見学。地元の中高一貫公立校も訪れ、生徒と意見交換した。 

東日本大震災・原子力災害伝承館を訪れ、展示について説明を受ける菅義偉首相(手前左から2人目)=26日午後、福島県双葉町(代表撮影)
東日本大震災・原子力災害伝承館を訪れ、展示について説明を受ける菅義偉首相(手前左から2人目)=26日午後、福島県双葉町(代表撮影)

このニュースに関するつぶやき

  • 原子力災害伝承館、菅氏の見学のために、三十分ほど入ることができなかった。地元の見学者も待たされていたのだけど、開館前に来るか、閉館後にするか、それとも一般人と一緒に見学しろって。
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • 仕事で被災地にしょっちゅう行くが、民主党政権時は復興がおざなりだったのが、第二次安倍政権からようやく前に進み出した。被災地の人達の表情も民主党政権時とは明らかに違っていた。
    • イイネ!52
    • コメント 68件

つぶやき一覧へ(113件)

ニュース設定