ブライトンMFトロサール、1試合で3度のポスト直撃…C・ロナウド以来14年ぶりの記録に

0

2020年09月27日 01:08  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ポストに阻まれ続けたトロサール [写真]=Getty Images
ポストに阻まれ続けたトロサール [写真]=Getty Images
 ブライトンに所属するベルギー代表MFレアンドロ・トロサールの“不運”が話題を呼んでいる。

 トロサールは、26日に行われたプレミアリーグ第3節マンチェスター・U戦に先発フル出場。4本のシュートを記録したが、得点を決めることはできなかった。9分にエリアの外から放った強烈なシュートは左ポストに直撃し、21分のシュートは右ポストをかすめて外れる。さらに76分、エリア内で左足を振り抜き放ったシュートもクロスバーに直撃してしまった。

 トロサールは左右ポストにクロスバーと、3種類のポストへのヒットを記録し、不名誉な“ハットトリック”を達成。データサイト『Opta』によると、1人の選手が1試合に3回もボールをポストにヒットさせたのは、2006年10月以来14年ぶりの出来事になる。当時マンチェスター・Uに所属していたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユヴェントス)が、ニューカッスル戦(◯2−0)で3ヒットを記録していた。

 試合は結局、アウェイのマンチェスター・Uが3−2で勝利。試合終了の笛が一度吹かれた後にマンチェスター・UのPK獲得が認められ、それをブルーノ・フェルナンデスに決められるという、ブライトンにとってはなんとも後味の悪い幕引きとなってしまった。

 また、ブライトンはトロサールだけでなく、ソロモン・マーチらもポストへのヒットを記録。チーム全体として1試合に5本のポストヒットを数えたが、『Opta』が統計を開始した2003−04シーズン以降では、1チームが1試合にボールをポストに当てた回数としてはプレミアリーグで最多の数字になってしまった。

 一方、再三ポストに救われたマンチェスター・U目線から見ると、“ポストが記録したセーブ数”「5」回は、守護神ダビド・デ・ヘアが今季記録しているセーブ数と同じ数字だ。

    ランキングスポーツ

    ニュース設定