デュアル4Kに対応、Corsairが最大85W給電の新Thunderbolt 3ドックを発表

0

2020年09月27日 13:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
モニターやデジカメ、キーボード、ヘッドフォンなどPCにさまざまな機器をつなげることが多い人は要チェックのThunderbolt 3ドックが米アクセサリーメーカーCorsairから発表された。

「TBT100」はデュアル4KやPD給電に対応し、SDカードリーダーなども備えるオールマイティタイプだ。転送速度は40Gbpsポートがかなり充実している。まずThunderbolt 3は85Wの給電に対応し、ラップトップPCを充電できる。しかも転送速度は40Gbpsとかなりの高速で、ストレスなく大容量データを扱える。

また、USB 3.1 Type-AとType-C、それからHDMI 2.0を2つずつ搭載し、「ポートが足りない!」という事態はまずなさそうだ。データ転送速度はType-Cが10 Gbps、Type-Aが5 Gbpsと日常使いには十分だろう。4K@60Hz対応そして外部モニターで映像を編集したり、ゲームを楽しんだりすることが多い人にとって嬉しいのがHDMI 2.0の存在だ。2つとも4K@60Hz対応で、鮮やかなHDRを楽しめる。

そのほか、デジカメの映像や写真を取り込むのに便利なSDカードスロット、ヘッドフォンをつなぐのに必須の3.5ミリオーディオジャック、それからギガビットイーサネット、ケンジントンセキュリティスロットと一通り備わっている。

本体のサイズは83×228×25ミリとやや存在感があるが、複数のアダプターやハブをつなげるよりは、PC周りはすっきりしそうだ。

すでにウェブサイトで販売されていて、価格は259.99ドル(約2万7000円)となっている。

Corsair

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定