ハマる人も多い占い 「信じる・信じない」を聞くと7割の答えは…

5

2020年09月27日 20:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(BBuilder/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(BBuilder/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(BBuilder/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

テレビや雑誌などで目にする機会が多く、日本人に親しまれている占い。気に留めていなくても、「運勢がいい」と言われると嬉しく、その逆は少々悲しくなるものだ。

そんな占いだが、信じる・信じないがはっきりと分かれると聞く。実際のところどうなのだろうか。

画像をもっと見る

■占いを信じる?

しらべぇ編集部は全国の10〜60代の男女2,168名に調査を実施した。

結果、「信じる」と答えた人は29.3%。信じない人のほうが、多いことがわかった。

関連記事:有吉弘行の占いへの不信感が爆発 「インチキ連中」「人生は自分で決める」

■男女で意識に差

占いを信じる人を男女別に見ると傾向が出た。

女性は10代は49.4%、20代は48.3%と割合が高い。一方男性は最も高い10代でも31.8%。女性のほうが、占い信じる人が多いようだ。

■信じない人の声は?

占いを信じないと話すのは40代男性のTさん。

「出勤時、テレビでいつも占いをやっていて、つい見てしまいますが、基本的に平坦な毎日でいいことも悪いこともない。当たったことがないので、信じることができない。

そもそも、自分の運命や幸運は自分で作っていくものだし、占いを信じすぎてしまうと、占う人の意のままに動かされてしまうような気がして、危険。参考程度に考えるのがいいのでは」

■絶対信じるとの声も

20代女性のAさんは、占いを信じると話す。

「テレビや雑誌ではなく、しっかりとした占い師に占ってもらっている。『当たるも八卦当たらぬも八卦』といいますが、私が信じている占い師はしっかりしていて、よく当たると評判が高い。

実際占ってもらっても、当たっていると感じることが多く、アドバイスは聞くようにしている。先が見えない世の中で、行動の指針は誰もが欲しいもの。占いはそんなとき、行くべき道を教えてくれる。需要があるから占い師が存在する。私は、絶対に信じる」

どうするべきか迷ったとき、方向性を示してくれる。占いを信じる理由は、そんな行動の指針を求めているのかもしれない。

・合わせて読みたい→FUJIWARA原西、妻がフジモンに対して抱いている感情明かされ衝撃

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年7月3日〜2020年7月7日
対象:全国10代〜60代の男女2,168名 (有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • 誰にでも当てはまることを、まことしやかに言えば、当たる確率は高いので、信じてもらえます。詐欺師も同じ手法を使うんですよ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 誰にでも当てはまることを、まことしやかに言えば、当たる確率は高いので、信じてもらえます。詐欺師も同じ手法を使うんですよ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

前日のランキングへ

ニュース設定