トッテナム、土壇場のPK献上で連勝逃す…ニューカッスルとホームでドロー

0

2020年09月28日 00:00  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真トッテナムとニューカッスルが対戦した [写真]=Getty Images
トッテナムとニューカッスルが対戦した [写真]=Getty Images
 プレミアリーグ第3節が27日に行われ、トッテナムとニューカッスルが対戦した。

 開幕節でエヴァートンに敗れたトッテナムだったが、前節サウサンプトン戦は5−2の快勝。前節からのスタメン変更は1枚となり、タンギ・エンドンベレに代えてジオヴァニ・ロ・チェルソが中盤で起用された。一方のニューカッスルは開幕節でサウサンプトンを破ったものの、前節はブライトンに0−3の完敗。前節からは3枚のスタメン変更を施してきた。

 ホームのトッテナムは25分、先制に成功する。縦パスを受けたソン・フンミンがトラップで前を向き、左に流れたハリー・ケインへパス。ケインは少し運んでから左足でゴール前にグラウンダークロスを送ると、最後はファーサイドに飛び込んだルーカス・モウラが押し込んだ。

 30分、ソンがエリアの外から左足を振り抜いたが、ゴール左下隅を狙ったシュートは左ポストに阻まれる。42分にもソンがエリアの外から左足でシュートを放つが、これもクロスバーに直撃。前半はトッテナムの1点リードで折り返した。

 試合はこのまま終わるかに思われたが、トッテナムは後半アディショナルタイム7分にエリック・ダイアーのハンドでPK献上。ニューカッスルはキッカーを務めたカラム・ウィルソンが左に突き刺し、土壇場で同点に追いついた。

 トッテナムは7年ぶりの復帰を果たしたギャレス・べイルがスタジアムで見守るなか、2連勝を逃す結果となった。一方、PK以外で枠内シュートを記録できなかったニューカッスルは、辛くも連敗を逃れた。次節、トッテナムは10月4日にアウェイでマンチェスター・Uと、ニューカッスルは10月3日にホームでバーンリーと対戦する。

【試合結果】
トッテナム 1−1 ニューカッスル

【得点者】
1−0 25分 ルーカス・モウラ(トッテナム)
1−1 90+7分 カラム・ウィルソン(ニューカッスル)

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定