『鉄腕DASH』リゾラバに感傷の声相次ぐ 「4人最後?」「寂しい」

0

2020年09月28日 06:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

27日の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)はリゾラバ企画。TOKIOの4人が久しぶりに揃い、遊びに興じた。

■4人揃ってDASH島へ

TOKIOの4人が揃い、DASH島に上陸。リーダーの城島茂は、「はぁ…、久々だね」と嬉しそう。そんなリーダーに国分太一は「静かに始まったね」とツッコミを入れる。

長瀬智也も「静かに始まったリゾラバ2020」と笑う。松岡昌宏は「いつものリゾラバより波がちょっとおとなしめだね。我々が大人になった証拠かも」と話す。

国分は「長瀬もバク転とかやったよね」と指摘。すると「40男が連呼するリゾラバとは」とナレーションが入り、長瀬がDASH島の砂浜でバク転を行う映像が流れる。さらに過去の様子も放送され「リゾラバとはリゾート地で恋愛すること」のテロップが表示された。

関連記事:『鉄腕DASH』松岡昌宏の発言に視聴者悲鳴 「あのときは5人だったけど…」

■今年は大人リゾラバに

さらに番組は「平均44.75歳。人生いろいろと考える時期。シンプルに楽しむには大人になりすぎた」とナレーション。

松岡も「昔のリゾラバではもうないってことは言っておきたい。あの頃みたいにやたらめったらはしゃいで、なんか…」とかなり大人な発言。しかし国分が「HEY」と声をかけると、シンバルキックで答える。

しかし「それがダメなの。砂まみれのじゃない」と松岡が話し、大人なリゾラバを行うことになった。

■メインはウェイクボードを利用した遊び

大人リゾラバのメインは、島に流れ着いたウェイクボードとマットのような物体を利用した遊び。海の上にマットを浮かべ、ウェイクボードの板で波に乗り、飛び移るのだ。

意外に難しい挑戦に4人は悪戦苦闘するが、それでもそれぞれが楽しそうな顔を浮かべる。そして最後にミスターリゾラバを自認する松岡が、サップヨガで使った扉を海に浮かべ、見事に波に乗ってマットへに力技で飛び移った。

3人はその様子を見て苦笑いを浮かべるも、チャレンジ成功ということで、決着。2020年のリゾラバは終了となった。

■4人最後のリゾラバに「寂しい」

2021年3月で長瀬はTOKIOを脱退することが決まっているだけに、4人最後のリゾラバとなる可能性が高い。

そんなこともあってか「楽しかったけど寂しい」「これで最後かと思うと涙が出る」という声や「1時間スペシャルにしてほしかった」「来年以降について説明があってもよかったのでは」という注文も出た。

4人最後となる可能性が高い今回のリゾラバ。視聴者はその様子を楽しんだが、その一方で迫りくる「長瀬の脱退」を感じさせる放送にもなったようだ。

・合わせて読みたい→『鉄腕DASH』新企画「人脈食堂」の内容に称賛殺到 「25年の集大成」との声も

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    ニュース設定