池田エライザがau5Gで「バーチャルエライザ」へ。「遠い未来のように感じていた5Gの世界が、生活の一部になってワクワクしています」

0

2020年09月28日 06:21  週プレNEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週プレNEWS

写真au発表会に出席した池田エライザ
au発表会に出席した池田エライザ

池田エライザ松田翔太桐谷健太が25日、KDDI「UNLIMITED WORLD au 5G 発表会 2020 Autumn」の発表会に出席。池田は5Gのバーチャル体験を楽しんだ。

【写真】バーチャルエライザに本人も感激

今回の発表会では、まずKDDIの高橋誠代表取締役社長が「Xperia 5 II」や「AQUOS sense5G」など、スマートフォン新機種6機種を発表。「みんなの5Gにしていきたい」という高橋氏は、今回発表した機種が「全て5G対応」であることをアピール。また今後auで提供するスマホについて、iPhoneに関しては「ノーコメント」としたが、「すべて5Gにしていく」と宣言した。

そして高橋氏は、今後のキャリア選びにおいて「コンテンツがネットワークを選ぶ時代になる」と断言。新サービスとして、スマホ視聴に特化したシアターアプリ「smash.」を紹介。さらにこれまで「バーチャル渋谷」や「バーチャルハマスタ」など提供してきたが、新たに「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」の開催も発表。バーチャルビジネスに本格的参入する意気込みを明かした。

料金プランも、民放キー局の有料映像配信サービスとデータ通信の使い放題をセットにした「データMAX テレビパック」を発表。そして、既存の5G向けプラン「ピタットプラン 5G」を10月1日から1000円値下げして、4G向けプランと同額にすることも発表。菅総理大臣からの"値下げ要請"に「真摯に受け止めなくてはならない」としながらも、「5Gは海外に1周、2周遅れている。気を緩めることなく展開していく」と明かした。

池田、松田、桐谷らゲストを招いたトークセッションでは、まず桐谷がAR(拡張現実)を体験。スマホの画面上に3Dの池田が現れると「お〜! エライザちゃん!」と感激。「まさに親ちゃん!」と、三太郎シリーズCMで池田が演じる親指姫サイズにして楽しんだ。

この3Dの池田だが、26日にオープンするauのコンセプトショップ「GINZA 456 Created by KDDI」で、ARガイド「バーチャルエライザ」として来場者も体験できる。池田自身は「目の前に自分がいるっていうのがすごく不思議。辺り一面、たくさんのカメラに囲まれた撮影はすごく楽しかった」と撮影を振り返った。

そして今度は池田が、「バーチャル渋谷」を体験。仮想空間上の渋谷の街並みを走り回ったりと興味津々。

「すごく遠い未来のことのように感じていた5Gの世界が、生活の一部になっていてワクワクしています。私たちもなにか面白い形でできることはないか考えるのも楽しい」と、さまざまな新技術が5Gによって促進、拡大することに期待を寄せた。

取材・文/鯨井隆正

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定