D・コスタ、スアレス加入を歓迎「一人は戦って、もう一人は噛み付くんだ」

0

2020年09月28日 12:17  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真D・コスタがスアレスについて言及した [写真]=Getty Images
D・コスタがスアレスについて言及した [写真]=Getty Images
 アトレティコ・マドリードに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタが、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス加入を歓迎した。27日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 リーガ・エスパニョーラ第3節が27日に行われ、アトレティコ・マドリードはホームでグラナダと対戦し、6−1で快勝した。今夏6年過ごしたバルセロナを退団し、アトレティコに加入したスアレスはD・コスタとの交代で71分から出場すると、デビュー戦で早速2ゴールを奪ってみせた。

 この試合に先発出場し先制点を挙げたD・コスタは、新加入のスアレスについて「彼は素晴らしい。僕たちの一人(D・コスタ)は戦うことができて、もう一人(スアレス)は噛み付くことができる」と自身のプレースタイルとかつてのスアレスの噛みつき事件を例えに出し、同選手の加入は大きな影響を与えることを認めた。

「ルイスがいることは僕たちにとってはとても幸運なこと。バルサがなぜ彼を放出したのか理由がわからないね。彼は多くのゴールと、戦士の精神、トロフィーを勝ち取りたいという意欲で僕たちを助けてくれるだろう。ファンのためにトロフィーを勝ち取る助けをしてくれると思う。でもそれには目の前の1試合をこなしていく必要がある」

 また、自身の去就については「彼(クラブ)らと戦って、放出されるようなことにはなりたくない。クラブと監督とはすでに話をしていて、退団するべきと考えているなら退団する準備はできていることを伝えている」と退団を求められれば受け入れる姿勢であること明かしつつ、引き続きプレーする意気込みも語った。

「でも、もし残留することになったらプレーするために戦うつもりだ。ケガをしないことを願っているし、そうすれば良い試合ができると思う。チャンスを最大限に活用しなければない。今シーズンはなんでも起こり得る。重要なことは準備をしてゴールを決めることだ」
    ニュース設定