<「バチェラー」友永真也&岩間恵インタビュー>結婚の決め手・お互いの成長した部分・「時間と労力が必要だった」炎上を語る

18

2020年09月28日 15:02  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真友永真也、岩間恵(提供写真)
友永真也、岩間恵(提供写真)
【モデルプレス=2020/09/28】昨年10月末に最終話が配信されたAmazon Prime Videoの番組「バチェラー・ジャパン」シーズン3でカップルとなり、7月に結婚した友永真也(ともなが・しんや/33)と岩間恵(いわま・めぐみ/27)がモデルプレスのインタビューに応じ、結婚の決め手やお互いへの思い、視聴者からの反響などについて語った。

【写真】「バチェラー」史上初のゴールインとなった友永真也&岩間恵夫婦

◆友永真也&岩間恵「バチェラー・ジャパン」史上初のゴールイン

「バチェラー」は、1人の成功した独身男性=「バチェラー」が、20人の女性の中から真実の愛、運命の恋人を選ぶ、台本無しの恋愛リアリティ番組。どんでん返しの結末で結ばれた2人は約1年の交際を経て入籍し、「バチェラー・ジャパン」シリーズ史上初のゴールインとなった。

友永が交際半年のタイミングの昨年末にプロポーズし、今年3月には、カップルでYouTubeチャンネル「しんめぐの日常」を開設。神戸と東京を主な拠点とし、行き来する遠距離恋愛を経て入籍となった。

◆友永真也、岩間恵との結婚を決めた瞬間「この人やな」

― 最初から結婚を前提とした交際だったと思うんですが、明確に結婚を決められたのはいつでしたか?

友永:明確に思ったのは昨年の10月から11月くらいまで行っていたヨーロッパ旅行中です。旅行プラスちょこっと仕事が入っていて行っていたんですけど、1ヶ月まるまる四六時中一緒に過ごして「この人やな」と思いました。(交際)最初から「結婚しよう」とは漠然と言っていたんですけど、(旅から)帰ってきてからの「結婚したい」は重みが違いました。

― 1ヶ月トラブルもなくお互い一緒にいて楽だったというか?

岩間:それが結構大きくて。私は1人で旅行に行くのも好きで、人と合わせるのも大変だったりするじゃないですか?だけどストレスがなかったので良いなと思いました。

― 岩間さんは結婚するならいつ頃と考えていましたか?

岩間:あんまり「いつ頃」というのはなかったんですけど、「結婚するならこの人かな」とは思っていてあとはタイミングだと思っていました。

― プロポーズも予想通り?

岩間:びっくりはしなかったです(笑)。

友永:「いつ来るんやろうな」くらいの感じやね(笑)。

◆岩間恵の実家でプロポーズ

― プロポーズの状況を教えて下さい。

岩間:私の実家でされました。よく遊びに来るんですけど、その日はお風呂も入ってご飯も食べて私の両親と一緒にリビングで団らんしているときに「結婚しよう」と言ってきて、毎日軽い感じでは言われていたので最初は「はいはい」みたいに流していたんですけど、「いや、真面目に」と言われて真剣にプロポーズされました。両親の前だったので照れましたね。

友永:相手のお父さんお母さんの前というリアルなところでプロポーズしたいという思いがありました。

岩間:新しいよね。

― 岩間さんのご両親は驚いていましたか?

岩間:驚いていました。喜んで父親は泣いていました。

― どんな指輪を渡されたんですか?

友永:シンプルな指輪です。それも一緒に選びました。フランスに行ったときにパッと(お店に)入ってパッと決めたね。

岩間:だからプロポーズにサプライズ性がなかったんです。(お互い)「結婚するよな〜」という気持ちで去年の旅行中に指輪も買っていて、「早くちょうだいよ」と言ったら「いや、別にこれ恵のって言ってないやん」とか白々しいことを言っていて、それからずっと彼が持っていてプロポーズでやっともらえた感じです。

友永:(購入したのは)凱旋門の前のカルティエやな。僕の中でそういう場所が良くて、これから何回も行く場所だから思い入れのある場所で買いたかったというのもあります。

― 岩間さん的にはサプライズ性ももう少し欲しかったんですか?

岩間:サプライズ性でいうと、プロポーズの数日後に、バチェラーの忘年会でスタッフさんたちの前でも改めて言ってくれたのは結構サプライズでした。

◆友永真也&岩間恵、最終回後の反響を回顧

― 約1年の交際で破局の危機や関係に悩んだことはありましたか?

岩間:ないです。びっくりするくらい順調に。細かい喧嘩はありますけど「別れるかも」みたいな危機はないですね。

― 大変だったことは?

友永:なんかあったかな…。俺あんまり思わへんタイプだから。

岩間:大変なことはやっぱりありました。(最終回配信後)いきなり不特定多数の方に知ってもらう立場になったのも戸惑いだったし、良い意見も悪い意見も受け止めるにはなかなか時間と労力が必要だったなと思います。

― 当時は批判の声も多く寄せられたと思いますが、2人だったから乗り越えられたんでしょうか?

岩間:それは結構大きいです。いてくれたから乗り越えられたかなと思います。

― 乗り越えられたのは自分の確固たる考えがあったのも大きいですか?

友永:そうですね。物事の一面では判断したくないという考えがずっと自分の中であったので。番組に出るというのはこういうことなのかとも思いましたけど。

岩間:ネットの世界なので、実際には会ったこともない知らない人から言われていた、というのが大きいです。私の周りの家族や友達は何も変わらなかったので。さすがに暴言やあることないことの決めつけとかは凹みますけどね。

― 想像していた部分もあったと思うんですけど、実際は想像以上でしたか?

岩間:覚悟はしていたけど毎日DMが届いて…というのは想像以上でした。

友永:僕は想像以下やった。

岩間:うそー?

友永:実害があると思ってた。家に石投げてきたりとか車ボコボコにされたりとか。

岩間:実際そういうDMが届いたので。

友永:なかったな。皆ぶっちゃけそんな興味ないんですよ(笑)。

◆友永真也&岩間恵、お互いの印象の変化は?「全然印象は違います」

― 番組以前と以後で、お互いの印象が変わったり、成長したなと思うことはありますか?

友永:まるっきし変わっちゃったから分からないんですよ。番組を観て下さる方と僕の感覚はどんどん違ってきていると思っていて、僕にとっては1年半前に1回しか体験してないことなので覚えていることも覚えていないことも正直あって記憶の片隅になっているんですけど「4、5回観ました」とか言って下さる方もいるので僕より詳しいなと。番組の後の方が莫大な時間を過ごしているから全然(岩間の)印象は違いますね。最初から最後まで一緒なのは素直な反応をする、自分の思っていることを言ってくれる、嫌やったら嫌、良いんだったら喜ぶ。だから僕も楽なんです。

岩間:私は逆に撮影中は知りたくても知れなかったんです。デートに誘われないと会えないし、謎が多いというかどういう人かもまず分からないという状況だったので終わってから接する内に良い意味で印象は変わりました。終わってからやっと知れたという感じです。成長したと思うところはこれでもまだ人の話を聞くようになりました。良い意味でも悪い意味でも子供っぽいところがあるので(笑)。

― 岩間さんが指摘されることもあるんですか?

岩間:結構私が言っていると思います。「まず人の話を聞いて、相槌を打ってから自分の話をしよう」ということはめちゃくちゃ言ってます(笑)。

― 逆に友永さんが岩間さんへ注意することは?

友永:(思い出せないが)なんか言っているな…。

岩間:注意というよりかは話の流れで「こういうことはもっと知った方が良いよ」とか、お互い思ったことは結構言っていると思います。

◆友永真也&岩間恵、お互いの一番好きな部分

― 改めて、お互い一番相手の好きだなと思う部分はどこですか?

友永:一番ってどれになるんやろうな。横にいて「好きやな〜」と思うんですよね、ただただ(笑)。

岩間:(笑)。取り繕わないところ。自分の思っていることを言う。嘘がないから信用できるなと思います。偽善じゃない優しさを持っている人だなと思います。あとはただただ優しいんですよ。何をしても笑って許してくれるタイプで、「私だったら怒るのに真也はここで怒らないんだな」ということが多くて、心が広いなと思います。

友永:理不尽なことを言ってくる人に対しては曲げないけどね。

― 誰に対しても優しいんですね。

岩間:友達にも家族にも優しいですね。

◆「自分より大事な人ができた」友永真也&岩間恵が思い描く理想の家庭とは

― では、最後に今後どんな家庭を築いていきたいか教えて下さい。

友永:普通に幸せな家庭を。子供ができたら自分がしてきたことはさせてあげたいなと思っています。子供が「したい」と思ったことをできるような環境を作ってあげたいですね。

岩間:理想の家庭像って私は自分の家族になるんですけど、いざというときは皆で頼って、笑って、よくある言葉ですけど温かい家庭を。

友永:温かく、余裕のある家庭が良いな(笑)。

岩間:色んな意味で余裕がある家庭が良いよね。

友永:お金に余裕があったら人の心は豊かになるよ。その豊かさを求めるために頑張るというのは普通のことやと思うし、子供が何か「したい」と言ったときにやっぱりお金が関係してくると思うので、「ごめんね、うちではそれはできないや」とならないようにしたいですね。

岩間:お互い仕事も頑張ってサポートしつつ。

友永:独身やったときは自分のために生きていたんですよ。結婚しようと決めた理由の1つが、自分より大事な人ができたから。今までの自分だったら「これが欲しいな」と思ったら買ってと、自分のものばっかりだったんですけど、一緒になってから「これは恵に良いと思うな」とか自分のものを買わずにどんどん2人のものを買うようになって「ああ、結婚ってこういうことだな」と。今まで付き合った彼女に対してそういうことはしたことなくて実感しましたね。

― 素敵なお話、ありがとうございました!

◆夫婦インタビューこぼれ話

インタビュー中は質問の流れから話題が膨らんで熱弁をふるってくれた友永を岩間が「喋りだしたら止まらないから(笑)」と軌道修正する場面も。夫婦としてすっかり息ぴったりの姿が印象的だった。

実は昨年配信前に話を聞いた際、どんでん返しの結末は全く予想していなかった記者が「皆様、ゴールインを期待されていると思います」と伝えると、「すると思いますね!」と友永は即答してくれた。まさに“真実の愛”を見つけた2人を心から祝福したい。

なお、同シリーズは10月9日より男女逆転版の「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン1が独占配信される。(modelpress編集部)

◆情報

「エターナルファミリー」:https://www.eternalfamily.jp/

SNS:
https://www.instagram.com/tomonaga_shinya/(友永真也)
https://instagram.com/iwamame/(岩間恵)

YouTube「しんめぐの日常」:https://m.youtube.com/c/shinmegu


【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • 最近のテレビは分からんが、リアリティショウってドキュメンタリー番組なの?
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 誰やねん https://mixi.at/aeYAKS7
    • イイネ!22
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(14件)

ニュース設定