「バイオハザード」がフル3DCGアニメ化、2021年にNetflixで独占配信 レオンとクレアが登場するPVが公開

0

2020年09月28日 18:48  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「BIOHAZARD:Infinite Darkness」ティーザービジュアル
「BIOHAZARD:Infinite Darkness」ティーザービジュアル

 シリーズ累計出荷本数1億本を超えるカプコンの人気サバイバルホラーゲーム「バイオハザード」が、フル3DCGアニメーションとして制作決定。2021年にNetflixで全世界独占配信されます。



【画像】タイトルロゴ



 タイトルは「BIOHAZARD:Infinite Darkness」(バイオハザード:インフィニット ダークネス)。物語は、人気キャラクターのレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に展開され、ダイナミックなアクションシーンに、サスペンス要素も加わった誰も見たことのない「バイオハザード」が描かれるとのこと。



 製作・原作監修には、数々の「バイオハザード」シリーズを世に送り出したカプコンの小林裕幸プロデューサーが参加。制作プロデュースは、トムス・エンタテインメント。フル3DCGアニメーション制作は、「バイオハザード:ヴェンデッタ」で制作プロデューサーを務めた宮本佳さん率いるQuebicoが担当します。



 制作決定にあわせて、血染めの壁を背にレオンとクレアが銃を手にしたティーザービジュアルと、廃屋で“何か”を見つけるクレアや“誰か”を助けるレオンの姿が映し出されたティーザーPVが公開されています。



(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


    オススメゲーム

    ニュース設定