ラッセル「自分のミスが多く、本当に疲れるレースだった。僕らはまだ力不足」:ウイリアムズ F1第10戦決勝

0

2020年09月29日 07:51  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年F1第10戦ロシアGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2020年F1第10戦ロシアGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
 2020年F1第10戦ロシアGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのニコラス・ラティフィは16位、ジョージ・ラッセルは18位でレースを終えた。

■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=16位
 マネージメントが難しいレースだった。もう少し競争力があるだろうと思っていたが、最初のスティントでひどく苦戦したし、ピットストップの後も挽回できるほどのペースはなかった。

 戦略面ではいい仕事をしたと思う。スタート直後にピットに入らず、ステイアウトしたことでゲインがあったからだ。もっとうまくやれる部分がどこにあったか、しっかり分析する必要がある。

 ドライバーの立場から言えば、全体としてはいいレースができたと思う。あちこちで少しミスはあったものの、失敗を通じて学べることもある。

ジョージ・ラッセル 決勝=18位
 自分のミスが多かったこともあり、本当にタフで疲れるレースだった。タイヤを機能させることができず、ずっと苦労させられた。今年はスタートもあまりうまくいっていないので、その点で自信を築く必要があると思っていて、今回もそこに焦点を合わせていた。

 実際、スタートはかなり良かったのだが、混み合ったターン2でコース外に押し出されてしまった。3台が横並びでコーナーに入ろうとしても、無事に通過できるはずがないよね。この週末には、検討してみるべき興味深い課題がいくつも見つかった。だが、結局のところ、ポイントは日曜の成績に対して与えられるもので、僕らはまだ力不足だったということだ。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定