ちゃんぽん屋のネオンサインが、まさかの故障で大変なことになっていた

30

2020年09月29日 17:40  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真歴戦七乙ハブ太郎 (@CrazyHangedMan)さんのツイートより
歴戦七乙ハブ太郎 (@CrazyHangedMan)さんのツイートより

電飾看板の一部が、何かの原因で光らないことって、よくあることだ。

それが夜だと、一部だけが暗いままで、まったく違う意味となり、思わぬ爆笑ネタになったり......もする。

2020年9月26日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

これほんまやばすぎやろwwwwwx pic.twitter.com/BJKd0vjTsI
- 歴戦七乙ハブ太郎 (@CrazyHangedMan) September 26, 2020

写真は、とある飲食店の電飾看板のようだ。名物、近江と読めるから、滋賀県の名物らしい。

そして、その下にあるのが問題の文字列だ。

「ち」の後に、空白。そして、「んぽ」と続いている。

NHKなら放送禁止用語に指定されているかもしれない。Yahoo!ニュースではどうだろうか。

小心者のJタウンネット記者は、不安におののきながらも、あまりのおもしろさに負けてしまった。

「これほんまやばすぎやろwwwww」とコメントした投稿者の歴戦七乙ハブ太郎 (@CrazyHangedMan)さんに、Jタウンネット記者は詳しい話を聞いてみた。

運営会社に聞いてみるも...


Jタウンネット記者の取材に、投稿者・歴戦七乙ハブ太郎さんはこう答えた。

「滋賀県彦根市の高速インターの近くのお店です。撮影した日は9月26日の深夜12時前後で、名古屋からの帰りで撮った写真です」

ハブ太郎さんはさらに付け加えた。

「最初は爆笑して素通りしたんですけど、友達と僕がこれは写真撮ってツイートしようぜとなり、わざわざ戻り撮影しました」

看板のお店は、「近江ちゃんぽん」などを提供するチェーン店「ちゃんぽん亭総本家」の本店(彦根市)のようだ。

ちゃんぽんといえば長崎名物というイメージがあるが、ここ近江にもご当地ちゃんぽんがあるという。

同店のちゃんぽんの特徴は、だし汁が、削り節と昆布からとった「京風だし」をアレンジした、和風醤油味。具は、豚肉と野菜だけで、麺はかんすいを使った中華麺ということだ。「近江ちゃんぽん美味しい」とハブ太郎さんも語った。

さて、電飾看板のバグの原因について、Jタウンネット記者は「ちゃんぽん亭総本家」を運営するドリームフーズに電話取材を試みたところ......、

「ただいま修理中です。それ以上のコメントはございません」

担当者はそう答えると、電話を切ってしまった。京風だしをアレンジした味のある返答を期待していたのだが、残念ながら聞くことはできなかった。

なお、同社は29日、ウェブサイト上で以下のような「お知らせ」を発表している。

「ちゃんぽん亭総本家 本店」はただ今修理中のためネオンサインのライトを落としております。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
照明は消えても通常通り営業しておりますので、皆様のご来店心よりお待ちしております。」

このニュースに関するつぶやき

  • 「パチンコ」のパが消えてるのと同じかw
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • �Ԥ��Ԥ��ʿ�������ヤッパリそんなことだろうと思ったけど、その通りでした。(笑)🙂�顼����
    • イイネ!19
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(22件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定