【かなりイケメン】プジョーから低価格志向のピュアEV「e-SUV 2008」日本上陸、ガソリン車も299万円から

0

2020年09月29日 19:31  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真プジョーが発売した400万円台からのピュアEV「e-SUV 2008」
プジョーが発売した400万円台からのピュアEV「e-SUV 2008」

 プジョーが400万円台からの100%EVを含む小型SUVの新型車「SUV 2008/e-SUV 2008」を発表、オンライン発表会を開催しました。価格はEV(電気自動車)で429万円(税込、以下同)から、ガソリン車で299万円からです。



【動画】かなりイケメンなEV/ガソリン車共通デザイン



 SUV 2008シリーズは、街中から郊外で気軽に運転できるクルマを求める人に向けた、コンパクトハッチバック「208」ベースの小型SUV。2代目となる新型は、ピュアEVの「e-SUV 2008」とガソリンエンジン車の「SUV 2008」を共通のプラットフォームで開発。どちらを選んでも同じデザイン、装備、車内空間が得られる設計としました。EV、ガソリン車それぞれ基本グレードのAllure、上位グレードのGT Lineを用意します。



 ピュアEVモデルは車体価格こそガソリンモデルより130万円ほど高額です。しかしプジョーはSUV 2008シリーズにおいて「コスト価値をEVもガソリン車も同等」に設定したことを大きなポイントに据えます。プラットフォームや装備を共通化した特徴を軸に、ランニングコストや補助金も含めた所有全般に掛かる月間コストは同等とうたいます。



 EVには国や自治体による税制優遇とともに、独自のEV専用低金利ローンプランや8年/16万キロで容量70%以上を保証するバッテリー保証プログラムなどを用意します。



 駆動方式はFF。EV版は最大出力136馬力(約100kW)/最大トルク260Nmで、最高速度は時速150キロ。50kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離は385キロ(JC08モード時)。家庭用AC普通充電とCHAdeMO規格対応のDC急速充電に対応し、50kWのDC急速充電により80%まで約50分で充電が可能です。ガソリン車は1.2リッターターボで出力130馬力/最大トルク230Nm(約23.4kgf-m)、JC08モード燃費はリッター19.2キロです。



 車体サイズは4305(全長)×1770(全幅)×1550(全高)ミリ。旧型より長さと幅を拡大して車内空間を確保しつつ、車高は日本の立体駐車場も使える高さに抑えました。2020年9月16日に発売、EVは2020年11月以降、ガソリン車は同年10月中旬にデリバリー開始予定としています。


    ニュース設定