Lenovoから新たな変態端末登場 世界初「折りたためる有機ELディスプレイ」搭載のモバイルPC

21

2020年09月29日 19:31  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「ThinkPad X1 Fold」。有機ELディスプレイが曲がります
「ThinkPad X1 Fold」。有機ELディスプレイが曲がります

 レノボ・ジャパンが、有機ELディスプレイ(以下OLED)を折りたためるモバイルPC「ThinkPad X1 Fold」を10月23日から発売すると発表しました。モバイルPCとしての画面サイズで折りたたみOLEDを搭載した端末は、世界初とのこと。これはなかなかの変態端末。



【画像】90度に曲がっているところ



 「ThinkPad X1 Fold」の折りたたみOLEDは13.3インチで、折りたたむと小型のバッグにも収まるコンパクトサイズ。5Gネットワークやペン入力に対応し、スマートフォン、タブレット、ノートPCの長所を兼ね備えているとしています。



 革製カバーの内蔵キックスタンドで立てて使用でき、ミニキーボードを使えば快適な入力ができるとのこと。キーボードは筐体を折りたたんだ際に間に挟むと、マグネットで固定されてワイヤレスで自動的に充電されます。



 画面を折り曲げた状態でも使用可能で、片方の画面でビデオ通話をしながら、もう片方の画面でメモやドキュメント編集を行うなど2画面を使った作業も可能。セカンドディスプレイやフルサイズキーボード、マウスを接続すれば、デスクトップPCスタイルでも使えます。



 10月13日から販売するのはWi-Fiモデルで、5Gモデルの発売時期は後日発表とのこと。Wi-Fiモデルの価格は36万3000円から。主な仕様は以下の通りです。



・初期導入済OS:Windows 10 64bit



・プロセッサー:Intel Core Processor with Intel Hybrid Technology



・最大メモリー容量:8GBオンボード



・ストレージ:512GB SSD



・ビデオ・チップ:CPU内蔵



・ディスプレイ:折りたたみ式13.3型 QXGA OLED(2048x1536)、マルチタッチ対応(10点)



・本体インターフェース: USB Type-C 3.1 Gen 1 x2



・ミニキーボードインターフェース:micro USB x1(キーボード充電用)



・ワイヤレスLAN :インテル(R) Wi-Fi 6 AX200 a/b/g/n/ac/ax



・Bluetooth:Bluetooth v5.0



・ワイヤレスWAN:5G(CTOで選択可能)



・カメラ:IRカメラ 500万画素



・ペン:Lenovo Mod Pen



・バッテリー駆動時間:約11.7時間(※)



・本体寸法(幅×奥行き×高さ):約 299.4x236x11.5ミリ(ランドスケープモード時)約158.2x236x27.8ミリ(折りたたみ時)



・本体重量:約973グラム〜



・キーボード重量:約173グラム〜



※JEITA2.0による測定値です。駆動時間は使用状況によって異なります。


このニュースに関するつぶやき

  • 興味はある。でも高いし重いなぁ...。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 以前上下二画面のノートPCあったけど、こういう変態端末良いよねw
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

ランキングIT・インターネット

ニュース設定