【千葉ダートマイル】モジアナフレイバーが貫禄のノーステッキV! 単勝1.2倍の支持に応える

1

2020年09月29日 20:40  netkeiba.com

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

netkeiba.com

写真実力馬モジアナフレイバーが貫禄勝ち!(撮影:高橋正和)
実力馬モジアナフレイバーが貫禄勝ち!(撮影:高橋正和)
 29日、船橋競馬場で行われた千葉ダートマイル(3歳上・OP・ダ1600m・1着賞金500万円)は、2番手で進めた繁田健一騎手騎乗の1番人気モジアナフレイバー(牡5、大井・福永敏厩舎)が楽な手応えのまま第4コーナーで先頭に立つとノーステッキで後続を突き放し、最後は4番人気エンパイアミライ(牡5、川崎・武井和実厩舎)に3馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分40秒6(稍重)。

 3馬身差の3着には6番人気ロードアルペジオ(牡7、大井・村上頼章厩舎)が入った。移籍初戦となった2番人気スウィングビート(セ5、船橋・岡林光浩厩舎)は7着、3番人気サダムリスペクト(牡8、船橋・稲益貴弘厩舎)は5着だった。

 モジアナフレイバーは父バトルプラン、母ナスケンアイリス、その父フレンチデピュティという血統。昨年の東京大賞典(GI)3着などの実績がある実力馬が、6月の帝王賞以来の実戦を単勝1.2倍の支持に応え完勝、貫禄を見せつけた。通算成績は17戦9勝。
    ニュース設定