まもなく始まる“第3のビール”値上げに相次ぐ悲鳴 「本当にやめて…」

5

2020年09月30日 05:31  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

税制改正に伴い、10月1日から「第3のビール」などの値上げが実施される。

画像をもっと見る

■「たかが10円」ではない?

ビールの酒税は350mlあたり約7円引き下げられるが、第3のビールは約10円の引き上げとなる。

ビールや発泡酒よりも安く買えることから消費者から親しまれてきただけに、SNS上では「値上げはマジで困る」「本当にやめてほしい」「庶民の楽しみも年々奪われている気がしてならない」と嘆く声が続出。「たかが10円」ではないことがうかがえるだろう。

値上げに苦しんでいる人が相次ぐ一方、通常のビールが減税されることで「いっそビールを飲む機会」と前向きに捉える声もちらほらとみられている。

関連記事:劇団ひとり、タバコ値上げにも動じず 「嫌われ者なのでいくらでも払います」

■爆買いを報告する人も

また、「値上げ前に第3のビール爆買いしました」「8ケース買ってきた」とまとめ買いを報告する声も相次いでいる。

こうした駆け込み需要の増加に伴い、店内の目立つ場所に特設コーナーを設けているスーパーマーケットなどもあり、記者が訪れたスーパーマーケットでも多くの人が段ボールの前で足を止めていた。

■「第3のビール」値上げに苦しんでいる人は…

第3のビールを飲まない人や、そもそもお酒自体を口にしないという人にはピンとこないかもしれない今回の値上げだが、多くの人たちはどう思っているのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,568名に調査したところ、全体の19.8%が「第3のビール増税がかなりツラいと感じる」と回答。性年代別で見ると、男女ともに60代がもっとも多く、およそ4人に1人が値上げに苦しんでいることがわかる。

財布に優しかった第3のビールの値上げで、消費はどのように変わっていくのか。注目したい。

・合わせて読みたい→ノンスタ井上、番組で激推ししたグラドルを口説いていた 「テレビ使って自分の女を…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年9月18日〜2020年9月23日
対象:全国20代〜60代の男女1568名 (有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • なんか50代とか60代が第三のビールとか、価格が理由なら悲しくなるな…普通にビール飲めよ。そもそも贅沢品なんだから貧乏人は酒なんか飲むな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 普通の麦酒がなかなか飲めない庶民の為に発泡酒を開発したら増税、そこで第3の麦酒を開発したらそこにも増税。こういうのは企業の開発意欲を削ぎ活力・競争力を奪いかねないし、何より庶民の
    • イイネ!17
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定