日高屋、じつは業務用の餃子がテイクアウトできる 超コスパで餃子パーティ開催可能

3

2020年09月30日 06:31  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

中華の人気メニューの一つ餃子。ご飯とタッグを組んだときの幸福感は半端なく、バクバクとたくさん食べたいものだが…お店や冷凍食品の量だとなかなかそうもいかない。

そんな中、安さと旨さが魅力の中華料理チェーン・日高屋で、大量の餃子を食べる夢を叶えることができる商品を発見した。

画像をもっと見る

■業務用をテイクアウトできる

いつものように日高屋で食事をしようとしたとき、メニューにテイクアウト用のページを発見。そこに冷凍の「業務用生ぎょうざ」があり、業務用というだけあって30個入りであるのに税込500円(通常税込600)という低価格で販売されていた。

ちなみに、店員曰く本商品は実際に店舗で使われているものと同じだそう。店舗で食べると6個で税込230円のため、そのお得度は一目瞭然だろう。

ただ、冷凍餃子によくある「プラスチックのトレー」などで仕切られていないため、持ち帰りに時間がかかると、結露で皮同士がくっつくため注意が必要となる。

関連記事:手間がかかりすぎる『ホワイト餃子』の冷凍餃子が最高 皮はサクサク中身はしっとり

■大量に焼いてみよう

袋の背面には調理方法が記載されており、そこには6個の絵が描かれている。しかし、30個も入っているし…こちとら大量に食べたいわけで…。ということで、フライパンいっぱいに敷き詰め、今回は22個焼くことに。

油を敷き、水を入れ、5分程度蒸し焼きに。最後に油を垂らして追い焼きし、餃子に焼き目をつけたら完成となる。

■餃子パーティの始まり

そして皿に盛ったのががこちら。美しい焼き目が食欲をそそる。なお、最近の冷凍餃子のように、勝手に羽ができるタイプではないため、「羽根つき」にしたい場合は片栗粉等を溶かし入れると良さそうだ。

なお、実際に食べると…安定してうまいっ!! 日高屋のあの味である。店舗と焼き方が異なったのか、いつもよりもカリカリとクリスピー感が強調されており、これはこれでイケる。何より臆することなく食べまくることができるのが最高に嬉しいのだ。

■付属のたれが地味にいい

ちなみにだが、餃子を購入すると「餃子のたれ」も一緒にもらえる。醤油と酢で作れる「自家製ダレ」とはまた違った味わいであるため、2種類のたれで楽しむことができる点も地味に嬉しい。

「皮のくっつき問題」があるため持ち帰りの際に注意は必要だが、「日高屋の餃子が好きだ!」「大量の餃子が食べたい」という人はチェックしてみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→マニアが教える 「スーパーでほぼ間違いなく一番うまいチルド餃子」とは

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

このニュースに関するつぶやき

  • コッチには日高屋なんてないので無縁ですが某マイミク氏が常連みたいで「大盛り券よ有難う」とかいつもつぶやいているので、気になってます。
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定