「レイヤーなのにガニ股?」バズる理由は作り込んだ世界観とのギャップ

133

2020年09月30日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真注目を集めるレイヤー、SaLAさん(左)、いたわささん(右)
注目を集めるレイヤー、SaLAさん(左)、いたわささん(右)
 細部まで徹底して作り込み、作品の世界観を忠実に再現することを至上とするコスプレイヤーたち。ハイレベルなコスプレ写真はSNS上で拡散され、世界中のコスプレファンから支持されるが、なかには素の状態とコスプレ時の写真を並べて掲載して注目を集めたレイヤーも。今回はそんな、素の姿を公開して話題になった、ふたりのコスプレイヤーにクローズアップ。ツイートに込めた思いや、掲載後の反響などを聞いた。

【写真】「ギャップがすごい」たくさんの”いいね”を集めたいたわささんのガニ股ショット

■「イジメに苦しむ人たちに勇気を与えたい」過去の写真と現在のコスプレ姿を公開

 メイクの練習やダイエットに取り組んで劇的に変化した現在の姿と、過去の写真を並べてツイートし、18万件を超える「いいね」を集めたコスプレイヤー・SaLAさん。素の自身を“質素かつ平坦な平安顔”と称する彼女だが、このツイートには、ある強いメッセージが込められているという。「高校時代に容姿のことでイジメられた経験があって。『お前、よくその顔で生きて来られたな』などと言われたこともあります。SNSやネットニュースで、私と同じような思いをして苦しんでいる方たちがいることを知って、そういった皆さんに『自分も変われるかも!』と前向きになってもらえるよう、少しでも勇気を与えられれば…と思い、発信したんです」(SaLAさん)。

 そこには、迷いや葛藤もあったという。だがそれは、辛い思い出のある当時の写真を掲載するから…という理由だけでなく、コスプレイヤーならではの悩みも影響していて、「他のレイヤーさんも、こうした写真を載せると『努力自慢?』や、『いまの自分をカワイイって思ってるんだろうな(笑)』と書かれていたので、きっと私も、似たようなことを言われるんだろうな…と、少し不安になりました。けれども、行動しなければ何も始まらないので。覚悟を決めてツイートしました」と話してくれた。

 また、その覚悟を決めた理由としては、“見てくれた人に向けての応援”だけでなく、“自分自身を奮い立たせる”という目的もあったという。「ふだんからお化粧やダイエットを頑張っていて、それを褒めていただくこともあるんですけど、私はまだまだこんなものじゃない…とも思っているので。『慢心せず、これからももっと自分磨きを頑張るぞ!』と、自分に渇を入れる気持ちも込みでツイートさせていただきました」とのこと。SaLAさんの芯の強さが感じ取れた。

■素顔を公開することに迷いなし「フォロワーさんが笑ってくれれば、それで十分です」

 “#レイヤーのオンとオフ”とタグ付けされたツイートがたくさんの「いいね」を集めたコスプレイヤー・いたわささん。普段はキラキラ輝くコスプレ姿をたくさん見せているが、このツイートでは、それと同時に“干物女子”然とした素の状態の写真も掲載。そのギャップが反響を呼び、「勇気をもらえた」など、多数の好意的なコメントが寄せられたという。

 このツイートは、どういった思いがあってアップしたのか質問してみたところ、なんともあっさりとした理由で、「仕事の休憩中にスマホをいじっていたら、“#レイヤーのオンとオフ”というタグ付きのツイートが流れてきて。おもしろそうだな…と思い、私もアップしてみたんです。なんとなくだったんですけど、たくさんの反響をいただけて。自分でも驚きました」(いたわささん)。

 その際、素顔を晒すことには特に抵抗はなかったという。ふだんからこのタグ付きのツイートをよく見ていたそうで、「オンとオフの温度差は、コスプレイヤーなら誰しも共感できる部分でもありますし、『フォロワーさんが笑ってくれたら、それで十分』くらいの軽い気持ちでツイートしました」と話してくれた。

 だがそれが、こんなにバズることになるとは想定していなかったようで、ツイートした当日は、終始、通知音が鳴りっぱなしだったという。ちなみに、フォロワーからのコメントは「家でひとりの時はこんなもんだよね」や、「勇気をもらいました。自分もコスプレに挑戦してみようと思います」といったものが多く、自身のモチベーションも上がったそう。なかには「左官職人みたい!」という、ルックスをいじるコメントもちらほら届いたという。しかし、いたわささんは、そうした声も嬉々として受け入れているようで、「かなりインパクトがあって笑わせていただきました(笑)」と答えてくれた。

 徹底して世界観を作り込むだけでなく、ときにはオンとオフの差を浮き彫りにして、そのギャップを皆で楽しむ。こうした柔軟な遊びかたができるところも、コスプレ文化の魅力なのかもしれない。


取材・文=ソムタム田井

このニュースに関するつぶやき

  • 変装人間ベラ?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • いや、よーく見たら目とか原型あるしね。メイクして、自信が持てるなら良くない?変にひねくれてるより魅力的だよ
    • イイネ!83
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(104件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定