東京メトロ、半蔵門線に新型18000系導入 2021年度上期から

91

2020年09月30日 16:11  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

東京地下鉄(東京メトロ)は9月30日、半蔵門線で新型車両18000系の営業運転を2021年度上半期から開始すると発表した。10両編成19本を導入し、既存の8000系を置き換える。

エクステリアデザインは従来の8000系や08系の端正な表情を受け継ぎ、直線的なヘッドライトを採用することで、親しみやスタイリッシュさを押し出している。車内デザインは半蔵門線のラインカラーに同調する紫系のカラー。車両間ドア、座席横の袖仕切り、荷棚には透明な強化ガラスを採用して開放感を高めた。座席幅は430ミリから460 ミリに拡大している。

2021年2月デビュー予定の有楽町・副都心線17000系と同様、全車両にフリースペースを設置。バリアフリー促進のため、床面高さを8000系と比較して60ミリ下げ、ドア出入り口のステップ部分をホーム側に約10度傾斜させている。フリースペース近くのドアはドアレールの一部に切り欠きがあり、車椅子などでの乗降がしやすくなっている。

半蔵門線で運行される東京メトロ所属車両は現在、1981年にデビューした8000系と、2003年にデビューした08系の2形式。18000系は同路線として19年ぶりの新形式で、将来的に8000系全編成を置き換える。

■関連記事 東京メトロ、新型車両17000系公開 2021年2月から有楽町線・副都心線に導入

このニュースに関するつぶやき

  • 「営団」がどんどん遠くなっていく。第1編成は今年、今年度に竣工して試運転を開始するのかな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 関西の鉄道ファンがこの形式を聞くと特急車両を思い浮かべるに違いない。https://youtu.be/De85Xf2pJAY
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(33件)

ニュース設定