ポール・スミスが創立50周年を記念したカプセルコレクションを発売、アーカイヴプリントを落とし込んだウェアを展開

0

2020年10月01日 00:02  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真 バックプリントパーカ(3万円)、ジョガーパンツ(2万7000円/いずれも税別) Image by: ポール・スミス
バックプリントパーカ(3万円)、ジョガーパンツ(2万7000円/いずれも税別) Image by: ポール・スミス
 「ポール・スミス(Paul Smith)」が、創立50周年を記念したカプセルコレクションを10月21日に発売する。ポール・スミスの店舗および公式オンラインストアに加え、大阪タカシマヤや大丸京都店などで同日から順次開催されるポップアップストアで取り扱う。 こちらもチェック ポール・スミスの深淵を50周年のスカイブルーに臨む 2020年秋冬コレクションの緻密とユーモア カプセルコレクションでは、1994年秋冬コレクションで発表したスパゲティ柄や1990年春夏コレクションで披露した青リンゴ柄、1989年春夏コレクションで発表したローズ柄といったポール・スミスのアーカイヴプリントを使用。プリントはそれぞれメンズとウィメンズのカジュアルジャージやボンバージャケット、シャツ、スカート、スニーカー、バッグ、ウォレット、ハンカチなどに落とし込んだ。また、1998年春夏コレクションで披露した花の模様が施された赤いデヴォレのベルベットスーツなども展開。いずれのアイテムにも、1970年の創立時にデザインされたブランドロゴを配したネームをあしらった。価格帯は2200〜27万3000円。このほか、アーカイヴモデルを復刻したウォッチ「アーカイヴス(Archives)」が数量限定で登場する。裏蓋にはブランド創立当時のブランドロゴを刻印した。価格は3万9000円。 11月には50周年を記念してデザイナーのポール・スミス(Paul Smith)の協力のもと製作した書籍が青幻舎より発売される。パリでの最初のショーやロンドンでの初の実店舗「フローラル・ストリートショップ」、最新コレクション、著名人とのコラボレーションなどについて紹介する。また、自身が長年にわたりインスピレーションを受けてきた50のキーワードを通してブランドの核心に迫る内容となっている。価格は7500円(いずれも税別)。関連記事 「ポール・スミス」女性向けラウンジウェアが新登場、ペルーコットンのTシャツなど10型ラインナップ■ポップアップスケジュール一覧大阪タカシマヤ1階 グッドショックプレイス:2020年10月21日(水)〜11月3日(火)大丸京都店1階 店内ご案内所前特設会場:10月21日(水)〜11月3日(火)渋谷パルコ1階 ポップアップスペース「GATE」:10月24日(土)〜11月4日(水)ジェイアール名古屋タカシマヤ7階 ローズパティオ:10月28日(水)〜11月10日(火)
    ニュース設定