室井佑月「素敵、大坂なおみ選手」

40

2020年10月01日 07:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真室井佑月・作家
室井佑月・作家
 作家の室井佑月氏は、差別と戦う大坂なおみ選手に喝采を送る。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *
 大坂なおみ選手が、2年ぶり2度目となる全米オープン(OP)優勝をした。すごいことである。

 そして、さらに素晴らしいのは、彼女は22歳にして、黒人差別抗議運動の象徴的言葉「BLM」の強い姿勢を打ち出すため、世界に向けて発信しつづけていることだ。

 大坂選手は、全米OPの前哨戦だった「ウエスタン・アンド・サザン・オープン」でベスト4に進出するも、ウィスコンシン州で起きた白人警官による黒人銃撃事件に抗議して、準決勝を棄権する、として話題になった(出場した)。

 それから、新型コロナ対策で試合の前後に着けているマスクに、警察による人種差別的な暴力の被害に遭った黒人犠牲者の名前を書いている。

 このことについて、米国ではなく日本のSNSなどで、彼女に対する批判が起きている。

「スポーツに政治を持ち込むな」「純粋なスポーツの試合で政治的なパフォーマンスは控えるべきだ」「BLM暴動で家を焼かれた人、殺された人がいる」「BLMは極左暴力集団でテロリスト」

 など酷(ひど)いものだ。彼女はBLMを訴えているけど、暴力を訴えているわけではない。なにより、スポーツは人であるからできるのだ。差別反対を訴えると極左になるの? だとしたら極右は差別容認? そういうことじゃないだろう。差別は人としていけないに決まってる。

 1968年、メキシコシティーオリンピックにおいて、黒人選手が表彰台で拳を高く突き上げ、黒人差別に抗議したことがあった。これをIOC(国際オリンピック委員会)は「政治利用」と判断し処分をした。今でもIOCは政治利用のパフォーマンスや言動を断固認めないとしているらしい。

 しかし、それからずいぶん時を経た。現在では人種差別は恥ずかしいことであるというのが、世界各国大勢の認識だ。

 それに、全米OP側は彼女の運動を容認している。なのに、なぜ彼女を批判する日本人がいるのだろう。ハイチ系アメリカ人の父親と日本人の母親を持つ大坂選手。国籍は日本だ。彼女は超一流のテニスプレーヤーで、人種差別という愚かなことと戦っている。日本人として、とても嬉(うれ)しく誇らしいことではないか?

 しかし、この国にはいるのだ。根っからの差別主義者が。彼女の肌が黒いことで彼女を下に見たり、女なのだから、スポーツ選手なのだから、政治的な発言をするな、と言ったりする人間が。

 そういう人間に限って、お上にはやたらと従う。選手の政治的発言はNGであるとルールがあっても、それが正しくないことであれば、下からルールを変えるべく行動してもいいではないか?

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。「しがみつく女」をまとめた「この国は、変われないの?」(新日本出版社)が発売中

※週刊朝日  2020年10月9日号

このニュースに関するつぶやき

  • 主張するのは勝手だが人種差別ってより犯罪者擁護に「私も黒人」を掲げたのは やっぱ黒人は犯罪者予備軍て差別助長につながる愚かな行為なんだがスポーツ選手は脳筋だな って余計な差別助長まで生み出した気がするw
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 馬鹿が何かほざいてる。自分の事は棚にあげて。
    • イイネ!42
    • コメント 12件

つぶやき一覧へ(35件)

前日のランキングへ

ニュース設定