震災復興事業者を告発=7900万円脱税疑い―大阪国税局

14

2020年10月01日 12:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 東日本大震災の復興関連事業で、架空の経費を計上し約7900万円を脱税したとして、大阪国税局が法人税法違反などの疑いで、兵庫県西宮市の環境プラント設置会社「コウキ」と杉田光男元社長(54)を神戸地検に告発していたことが1日、分かった。

 同国税局などによると、同社は災害廃棄物処理事業などを手掛けるが、岩手県と宮城県の震災復興事業の下請け工事で、取引先に架空の工事の請求書を作らせるなどして、2014年と16年に計約2億8800万円の所得を隠し、法人税と地方法人税計約7900万円を脱税した疑い。

 告発は6月25日。重加算税を含む追徴税額は約1億400万円で、同社は修正申告し大半を納付した。脱税した金は杉田元社長の遊興費などに充てていたという。 

このニュースに関するつぶやき

  • 脱税?税金を無駄遣いしている政府の事は告発しないの?!取れるところから取ろうという魂胆が国民を愚弄しているわ・・
    • イイネ!6
    • コメント 1件
  • 脱税?税金を無駄遣いしている政府の事は告発しないの?!取れるところから取ろうという魂胆が国民を愚弄しているわ・・
    • イイネ!6
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(10件)

ニュース設定