調理師死亡、労災認めず=遺族が逆転敗訴―大阪高裁

112

2020年10月01日 18:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 男性調理師=当時(33)=が劇症型心筋炎で死亡したのは過重業務が原因として、遺族が国に労災保険の遺族年金などの支給を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は1日、支給を認めた一審判決を取り消し、遺族の請求を棄却した。

 木納敏和裁判長は「過重な労働や疲労が心筋炎を劇症化させるとの医学的な根拠はない」と述べ、発症と業務との因果関係を認めなかった。

 一審大阪地裁は昨年5月、月平均約250時間の時間外労働が1年間続いたと指摘。「発症と劇症化に長時間労働が作用した」と因果関係を認め、国側が控訴していた。

 二審判決によると、男性は大阪市内のレストランに勤務していた2012年に劇症型心筋炎を発症、14年6月に死亡した。大阪中央労働基準監督署は遺族年金などを不支給とした。 

このニュースに関するつぶやき

  • 別のケースもそうだけど労基は労働者を守るのではなく企業を守るためにあるんよね。じゃあいち労働者は誰が守ってくれるって誰も守ってくれないのよね。https://this.kiji.is/622186699377214561
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 250時間の時間外労働…週休2日なんて無理だろうけど20日間毎日残業として1日12時間ちょい。労働時間は1日8時間として+12時間で20時間。立ち仕事で毎日20時間労働。睡眠は4時間。これを1年間。死ぬわ。
    • イイネ!95
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(85件)

ニュース設定