金ロー、4週連続ハリポタ&ファンタビ祭り 「黒い魔法使いの誕生」ノーカット地上波初放送

1

2020年10月02日 06:11  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真「金曜ロードSHOW!」10月23日放送の『ハリー・ポッターと賢者の石』 TM & (C) 2001 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.
「金曜ロードSHOW!」10月23日放送の『ハリー・ポッターと賢者の石』 TM & (C) 2001 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.
 『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)では10月23日より「4週連続ハリポタ&ファンタビ!祭り」として、映画『ハリー・ポッター』シリーズ3作品を放送するほか、同新シリーズ第2作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』を本編ノーカットで地上波初放送する。

【写真】『金曜ロードSHOW!』4週連続ハリポタ&ファンタビ!祭り

 第1夜の10月23日は、子供のみならず大人にも愛され、大きな社会現象となったシリーズ第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』。翌週10月30日は、大いなる陰謀の幕開けとなるシリーズ第2作『ハリー・ポッターと秘密の部屋』。11月6日は、壮大な物語が大きく動き出すシリーズ第3作『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』を放送する。作品とともに成長していくハリーら魔法魔術学校の生徒たちの姿と、彼らを取り巻く環境の変化、そして隠された大きな謎とハリーの運命の壮大な物語が描かれる。

 「ハリポタ&ファンタビ祭り」のラストを飾る11月13日は、放送開始時刻を通常より約1時間強繰り上げ、19時56分から『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』を地上波初放送する。本作は『ハリー・ポッター』新シリーズの第2作で、ハリーたちがホグワーツ魔法魔術学校で使用する教科書「幻の動物とその生息地」を執筆した魔法使いのニュート・スキャマンダーが主人公。魔法動物(ビースト)を愛するおっちょこちょいでシャイな魔法使いのニュートの前に、最強の敵が登場する。出演は、エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ジュード・ロウ、ジョニー・デップら。

 主人公ニュート・スキャマンダーの日本語吹き替えは、人気声優で俳優としても活躍する宮野真守が担当する。

 『金曜ロードSHOW!』「4週連続ハリポタ&ファンタビ!祭り」は、日本テレビ系にて10月23日より4週連続放送。毎週金曜21時。11月13日の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のみ19時56分放送。
    ニュース設定