Microsoft、軽量な「Surface Laptop Go」を8万4480円から

2

2020年10月02日 06:22  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 Surface Laptop Go(マウスは別売)
Surface Laptop Go(マウスは別売)

 米Microsoftは10月1日(現地時間)、Surfaceシリーズの新しいクラムシェル型ノートPC「Surface Laptop Go」を発表した。Surface Laptop史上最軽量で価格も最安。日本のMicrosoft Storeでは10月13日発売で、販売価格は8万4480円(税込)からだ。



【その他の画像】



 Surfaceシリーズには「Surface Go」ラインアップもあり、そちらはややスペックが劣る2in1ノートPC。Surface Laptop Goは、Surface Laptopシリーズの性能を、Goのようにより持ち歩きやすく、手頃な価格にした(その分性能は下がる)製品だ。



 見た目は昨年10月発表の「Surface Laptop 3」とほぼ同じだが、最小の13.5インチよりも小さい12.4インチのタッチディスプレイ(アスペクト比は3:2、解像度は1536×1024ピクセル)。重さは1.11キロと、Surface Laptopとしては最軽量だ。



 キーボードはLaptop 3と同じ1.3mmのフルサイズでWindows Precisionトラックパッドも備える。



 プロセッサは米Intelの第10世代Core i5、メモリは4GBか8GB、ストレージはeMMCは64GB、SSDは128GBか256GB。外部端子はUSB Type-C×1、USB-A×1、3.5mmオーディオジャック×1。OSは「Windows 10 Home(Sモード)」で「Office Home and Business 2019」入り。



 筐体は、上部はアルミ、ベースはポリカーボネート複合樹皮とグラスファイバーで、色はアイスブルー、サンドストーン、プラチナの3色。



 Microsoftは例年、10月に製品発表イベントを開催するが、今年は特になく、このSurface Laptop Goと「Surface Pro X」のアップデート、幾つかのアクセサリーを発表した。


このニュースに関するつぶやき

  • お値段は超重量の横綱級。重さは軽量ですが、お値段の割には性能も軽量。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定