Sexy Zone菊池風磨、SixTONES高地優吾との2ショット公開 最初から心地いいテンポ感<「バベル九朔」現場レポート>

0

2020年10月02日 08:03  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真高地優吾、菊池風磨(C)NTV・J Storm
高地優吾、菊池風磨(C)NTV・J Storm
【モデルプレス=2020/10/02】Sexy Zoneの菊池風磨が主演を務める10月19日スタートの日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」第13弾『バベル九朔』(毎週月曜深夜24:59〜)の現場レポートが到着し、SixTONESの高地優吾(※「高」は正式には「はしごだか」)との2ショットが公開された。

【写真】Sexy Zone菊池風磨、キスシーンで演出家からツッコミ “大役”に中島健人が「興奮」

◆菊池風磨主演「バベル九朔」

今作は、「謎解き」×「友情」×「家族の絆」が交錯し、誰でも夢への一歩を踏み出す勇気がもらえる、めちゃくちゃ狭いのに壮大な物語。主人公・九朔満大が、“現実世界”と“バベル(偽りの世界)”を行ったり来たり…と、狭い雑居ビルで冒険を繰り広げる。

◆菊池風磨、満大のキャラクター作りは?

8月某日、スタッフとキャストが合流し、「バベル九朔」準備期間がスタート。雑居ビル「バベル九朔」の管理人・九朔満大を演じる菊池、その高校時代からの親友・後藤健を演じる高地、個性的なビルのテナントさんを池田鉄洋、佐津川愛美、前原滉、アキラ100%、村松利史をはじめ、主演の菊池とたくさんの共演者・スタッフが一丸となり、どのように「バベル九朔」の世界が出来上がるのか?

菊池は、個性的なキャラクターの中で、満大が生き生きとするように、顔合わせの段階から監督スタッフと話し合い、満大のキャラクターを作り上げていった。例えば、“心配事に直面するとお腹が痛くなる”という満大の特徴は、満大のキャラクターに等身大の人間らしさをプラスするために、菊池自身がスタッフと話して生まれたものだ。

◆菊池風磨&高地優吾、最初から心地いいテンポ感

レギュラーキャスト揃っての脚本の本読み。演技巧者の俳優陣との掛け合いに自然とテンポが上がり、菊池とテナントさんたちも間合いを図りながら、自分のキャラクターをつかもうとしていた。お互いに探り探りながらも、コミカルになってきたセリフの掛け合いには、スタッフからも笑いがこぼれた。

一方、10年来の仲という高地との掛け合いでは、最初から心地いいテンポで会話が進み、監督やスタッフを驚かせた。彼らの関係性は満大と健を通して、ドラマの中でも滲み出るはずだ。

◆菊池風磨、9月にクランクイン

そして、まだまだ残暑の厳しい9月。いよいよ「バベル九朔」がクランクインを迎える。映像化するにあたり、今作では原作とストーリー展開が大きく異なっている。「満大と同じ新鮮な気持ちで、“バベル”の世界に巻き込まれていく役柄を演じて欲しい」というスタッフの思いから、菊池へ意図的に原作は読まずに撮影に臨んでほしいというオーダーも。

「自分は人見知り」と語る菊池。新しいチームでの撮影で、序盤は少し緊張感が漂う様子だったが、菊池からもコミュニケーションをとり、数日も経つと撮影の合間に、ある種冒険のバディでもある“白い服の少女”役の川上凛子ちゃんとなぞなぞを出しあったり、テナントさんキャストと年の差を感じさせない笑顔で盛り上がったり、「SNACKハンター」での撮影中は、菊池からエピソードトークを披露。会話も徐々に盛り上がり、おしゃべりが止まらない様子に。そうして打ち解けた面々で、本物のスナックに集まる常連のようなシーンがカメラに収められていった。

◆菊池風磨、アクションにも挑戦

誰も観たことがない“バベル”の不思議な世界観を具現化するために、“バベル”に現れる怪物「くらまし」や蔦がうごめく「ドウリョクキ」といった特殊造形やグリーンバックでの撮影も。菊池はビルから飛び降りる特殊撮影や、くらましとのアクションにも挑戦した。本編ではVFXも駆使し、映像を仕上げていく。

原作者・万城目学先生も、実際の雑居ビルでの撮影を見学に来て、キャストとも「バベル九朔」のモデルとなった建物の話など貴重な話を…。万城目先生も菊池も嬉しそうに、つかの間の交流を楽しんでいた。

撮影も、あっという間に折り返し。キャスト、スタッフが一丸となり一つのチームになれた頃、クランクアップを迎えることになるが、果たして、彼らの関係性がドラマにどんな化学変化を起こすのか?(modelpress編集部)

◆菊池風磨コメント

撮影しながら、ようやく主演の実感が湧いてきています。高地と共演と聞いて、嬉しい反面、照れくさくてやりにくいかな?とも思ったんですよね。でも蓋を開けたら、そんなことなくて。お互いの信頼関係もあったりするので、それが画面から伝わればと思っています。たくさん共演者の方がいらっしゃる現場で、当然お芝居中は集中していますが、カットがかかった時とか、ちょっとした空き時間は和気藹々とした雰囲気で撮影が進んでいます。なんて言ったって、久々の共演者さんがいらっしゃる現場ですから!冒険、謎解きの要素もありつつ、ヒューマンドラマの一面もあるので、ナチュラルに演じるように心がけています。いい作品にしようと一生懸命やっておりますので、最後まで見届けてください。

◆高地優吾コメント

最初は緊張してましたけど、1シーン、2シーン演じたら、もう普段の俺と風磨だなって思えました。クランクインの日に、変更されたセリフが僕の手元に届かないっていうことがあって。現場に慣れていないのにどうしようという感じだったんですけど、風磨と一緒だったから乗り越えられたのかなと。あれで俺一人だったらと思うと…(笑)映像作品のお芝居は経験が少ないので、とにかくガムシャラにやっています。不思議な世界を想像しながらのお芝居で難しさもありますが、満大のテンションにもちょっと“風磨らしいな”ってところが垣間見れたり、親友同士で感情をぶつけ合うシーンは、自分の想いで素直に演じることができたので、手応えも感じています。ベテランの俳優さんにも囲まれて、まだまだ勉強させてもらうことばかりですが、早く完成した映像を観るのが楽しみです!

◆原作者・万城目学先生コメント

築四十年を超えているであろう古い雑居ビルに足を踏み入れたら、そこには本物の『バベル九朔』の世界がありました。セットではない、実在のビルを撮影に使うことで醸し出される渋みと味わい。張り詰めた空気漂う部屋では、バベル九朔のテナントの面々、そして若き管理人が真剣に(物語上の問題を)話し合っていました。あの一筋縄ではいかない小説が、こうして目の前にかたちとなって現れたことに感激しながら、クーラーがないリアル雑居ビルの蒸し暑い一室でモニターを見つめました。はじめてお会いしたのに、何だかはじめての気がしなかった菊池風磨氏をはじめ、一クセも二クセもあるキャストのみなさんの手によって、どのような奇妙かつ奇々怪々な物語が生み出されるのか、今からワクワクしながら待っています。

◆第1話あらすじ

脚本家になることを夢見る青年、九朔満大(菊池風磨)。執筆に専念するため、一年間限定でビルの管理人をすることを条件に、高校時代からの親友・後藤健(高地優吾)とともに雑居ビル「バベル九朔」にやってきた。引っ越し初日に出会ったのは、風変わりで、いかにも繁盛してなさそうなビルのテナントさんたち。

4階に探偵事務所を持つ四条さん(池田鉄洋)曰く、このビルを建てたのは「大九朔」と呼ばれる満大の高祖父だという。話半分に聞いていると、突然扉が開き、B1Fでスナックを営む千加子ママ(佐津川愛美)が乱入。強引に満大たちをスナックへと連れて行く。そこには個性的なテナントさんが勢ぞろいで、2人の歓迎パーティーが始まった…。

そんなある日、千加子ママから大きなネズミの駆除を頼まれる。言われるがまま、地下の物置部屋の鍵を開けると、突然強い光に包まれ意識を失う。目を覚ますと目の前には、白い服の少女が現れ…。迷子だと思い込む満大に、少女は告げる。「ここは現実じゃない、バベル」。扉の向こうには、現実と似ているようで全く違う“バベル”の世界が広がっていたー。


【Not Sponsored 記事】
    ニュース設定