メガネクリーナーを使って視界快適!タイプ別おすすめ商品もピックアップ

3

2020年10月05日 12:10  mamagirl

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl


メガネクリーナーを他のもので代用していた人、たまにお店で超音波洗浄していた人も、メガネクリーナーのメリットが分かると、定番アイテムになることも多いんだとか。そんなメガネクリーナーの選び方や厳選したおすすめ商品についても紹介していきます。

【詳細】他の写真はこちら


■メガネクリーナーを選ぶポイント
メガネクリーナーにはいろいろな種類があり、最近は汚れ落とし以外の機能があるものも。外出用や定期メンテナンス用など、いくつかそろえて使い分けするのもおすすめです。選ぶポイントを見ていきましょう。

・メガネクリーナーのタイプで選ぶ

出典:筆者撮影

クリーナーの種類にはシートや液体、ムースなどのタイプがあります。シートタイプのクリーナーはドライとウェットがあり、ウェットには除菌や洗浄効果が期待できるタイプが多く、ドライは汚れ落としなどに使うものが多いようです。またシートタイプ全般、携帯しやすく持ち運びにも便利。
液体やムースは、シートタイプで取りきれない汚れなどを洗浄することができるので、定期的なメンテナンスに使用すると良いですよ。



・持ち運びクリーナーは万能!鏡が拭けるタイプも

出典:筆者撮影

仕事や学校など日々外出することが多い人は、出先で簡単にメガネの汚れを取りたいと感じることも多いですよね。そんなときは携帯しやすい、使い捨てクリーナーを持ち運びしておくと便利です。個別包装になっているものも多く、衛生的な点もミリョクです。クリーナーの種類によっては手鏡などが拭ける商品もあるので、メイク直しなどするときにポーチに入れている人も多いようですよ。



・クリーナープラス機能性で選ぶ

出典:マスクしててもメガネが曇らない方法!使い方のコツや便利グッズも紹介@ ykym218さん

マスクをしながらメガネもかけている人には、曇り止め効果がプラスされたものも人気です。メガネが曇ると汚れもつきやすくなるので、メガネクリーナーを購入するとき選ぶポイントにしている人も多いんだとか。また帯電防止などの機能性もあれば小さいホコリやゴミなどがつきにくく、防汚効果も期待できるので良いですよね。自分のメガネライフにあわせてチェックしてみましょう。

■<液体タイプ>メガネクリーナーおすすめ商品
液体メガネクリーナーは簡単に拭き取れ、使いやすい商品がたくさんあります。コスパも良いおすすめ商品を見ていきましょう。

・コスパがうれしい液体メガネクリーナー

出典:筆者撮影

『DAISO(ダイソー)』の「メガネクリーナー」110円(税込)は、リーズナブルで高洗浄力と抗菌効果が期待できる商品です。一滴落とせば軽く布などで拭き取れ、30ml入りでかなり長持ちします。メガネの汚れが気になる場合は、あらかじめ汚れを落としてから使うと視界がくっきりしやすくなっておすすめです。アルコール配合で日本製、コンパクトな容器に入っているので持ち運びにも便利ですよ。

■<シートタイプ>メガネクリーナーおすすめ商品
シートタイプは持ち運びにも便利ですよね。おすすめ商品をチェックしていきましょう。

・便利で万能なシートタイプクリーナー

出典:筆者撮影

『小林製薬』の「メガネクリーナふきふきくもり止め」20包380円(税抜)は、拭くだけでレンズの曇りを防ぎ、指紋や脂汚れをしっかりと落としてくれます。アルコール配合タイプでメガネ拭きと曇り止め、両方を兼ねて使える便利な商品です。マスクをしたときや食事中にも曇りが気になりにくいですよ。
また個別包装で使い捨てでき持ち運びも簡単です。汚れが気になったときにすぐ使え、プラスティックレンズやマルチコートレンズ、水やけ防止レンズ、鏡に使用可能です。
砂やほこりなどがついている場合は、水で洗い流してから使用するのがおすすめ。べっ甲や宝石製などのフレームには使えないので気にかけておくと良いですよ。

■<ムースタイプ>メガネクリーナーおすすめ商品
液だれや飛び散りしにくく、洗浄力も高いものが多いムースタイプ。人気の商品を見ていきましょう。

・ふわふわムースで手入れできる!イージークリーン

出典:筆者撮影

『眼鏡市場』で販売されている「Easy Clean(イージークリーン)」1,100円(税込)。
ノンアルコールタイプで植物性界面活性剤を使用した、肌に優しいタイプの商品です。肌がデリケートな人やアルコールの臭いが苦手な人にもおすすめですよ。
ムースタイプで簡単に汚れを落とせ、除菌や抗菌効果も期待できます。また帯電防止剤入りでゴミがつきにくいので、メガネの傷予防にもなります。

■メガネクリーナーを使う際の注意点について
便利なメガネクリーナーは、いろいろな商品が販売されています。ただし、成分によっては劣化の原因になってしまうものもあるようです。また、クリーナーを使う前の注意点をチェックしておいたほうがよいことも。それぞれ見ておきましょう。

・事前の成分チェックをしておこう!

出典:筆者撮影

メガネクリーナーの中に、「アルコール配合」と記載されてあるタイプには注意が必要です。レンズの汚れを拭くのはよいですが、フレーム部分に使用すると劣化する可能性があるようです。特にシートやスプレータイプに多く、使い続けていくと、フレームにヒビが入ったり、変色したり破損したりして早期で壊れてしまうこともあるようですよ。また肌がデリケートでアルコール成分が苦手な人は、アルコールフリーなどのタイプを使うのがおすすめです。



・クリーナーの前にメガネのチェックを!

出典:photoAC

メガネクリーナーを使ってレンズの汚れを取る前に、メガネの状態を見ておくのがおすすめです。レンズのホコリや細かい砂などがついていると、メガネクリーナーを使って拭くとこすれてレンズに傷ができてしまうこともあるようです。
先に水でレンズのホコリなどを水でしっかり洗い流してからクリーナーで手入れするとキレイになりますよ。



・クリーナーが使えるかどうか?事前にチェックを

出典:photoAC

メガネの種類によっては洗えない、クリーナーが使えないタイプもあるようです。劣化を予防するためにもメガネを購入したときや、日頃メンテナンスしてもらう店で、日々の手入れ方法を事前に確認しておくと安心ですよ。

■メガネクリーナーで快適生活

出典:筆者撮影

メガネクリーナーを使うと、視界がはっきりして快適な状態になりますよね。そのためにいろいろなタイプの商品を使い分けしてみるのもおすすめです。メガネを長く愛用することにもつながるので、正しい使い方や注意点をチェックして、手入れの参考にしてみてくださいね。

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定