いい人に出会えない?「ネット婚活」で失敗しがちな人のための3か条

1

2020年10月08日 22:12  All About

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真写真

ネット婚活で失敗ばかり?

「ネット婚活を使ってはいるけど、なかなか素敵な人に出会えない」という人は少なくありません。歳を重ねても精神が成熟していない子供おばさん(子供おじさん)は、自分の魅力を高める努力をしないで、「婚活サイトを使えば、楽に恋人ができるはず」と勘違いをしているところも。それではうまくいかないかもしれません。

ここでは、「ネット婚活で失敗しがちな人が知っておくべき3か条」を紹介します。

1:「ネット婚活は“出会いのきっかけ”に過ぎないこと」を肝に銘じるべし!

「ネット婚活を始めたら、恋人ができるはず!」なんて期待してしまう人は少なからずいます。でも、婚活サイトは、「恋人を作れる万能なツール」ではなく、「出会いのきっかけになり得るツール」に過ぎません。だから、ただ登録すれば、素敵な相手から連絡がくるはずもなく、積極的に自分からも気になる相手とコミュニケーションをとって、理解を深める必要があるのです。

「普段はコミュニケーション下手だけど、ネットだったら大丈夫!」なんて、そんな単純なことではありません。実際に会ったこともない相手とメッセージだけでやりとりをして、相手に「会いたい」と思わせるためには、それなりのコミュニケーション能力が必要となってきます。

例えば、相手が興味のないような自己PRばかりをして自慢していたり、相手にばかり話題を振らせていたり、相手の質問に対してつまらない回答をしたりしていると、相手はだんだんやりとりをするのが苦痛になってくるものです。

オンライン上のメッセージだけのやりとりであっても、「相手を楽しませる」「相手に興味を持ってもらえるようにする」といった“サービス精神”が必要なんですよね。

2:「盛った姿でやりとりしても意味がないこと」を思い知るべし!

ネット婚活では、実物の数倍以上魅力的な写真を載せて、気にいられようとしてしまう人がいます。例えば、10年前の若かりし頃の写真、痩せている時のもの、アプリで別人だと思うほど美しく修正した画像など。

そういう人は、「その後、実際に会うこと」を想定できていないと言えるでしょう。当たり前ですが、そんな写真を使っていながら実際に会ったら、相手はあなたを見た瞬間に「わ! ダマされた!」と思うかもしれません。

恋愛は信頼が大事なので、そんなはじめから“ダマす相手”といい関係が築けられるかというと、厳しいものでしょう。

また、年収、職業など、条件に嘘を書く人がいます。婚活サイトであればなおさら、そんな条件を偽ったことがバレたときに信頼関係が壊れ、結婚が破談になることを想定したほうがいいでしょう。

こんなことを言うと、「でも、私は美人じゃないから、ありのままの画像を載せたら、誰もいいと言ってくれない」「僕は年収が低いから、誰も結婚したいと思ってもらえない」と思う人もいるでしょう。

厳しいことを言ってしまえば、“「それでもあなたがいい」と言ってくれる人”を見つけたほうがいいのです。美人かどうかなんて気にしない人もいれば、年収なんかよりも優しさを重視する人もいます。

ネット上だけの付き合いではなく、今後、リアルに付き合っていくような相手を探すのであれば、たとえ自分が好条件でなくても、「それでも構わない」という人を探すしかありません。

さらに言えば、自分でもできる限り、条件が良くなるように努力することも大切です。ヘアスタイルや服装を変えれば、見た目の雰囲気は変わってきますし、年収を増やすために副業をしてもいいですしね。その努力なしに、「ただただ“何もしない怠惰な自分”のままで好かれよう」と思うのは、ちょっと現実が見えていないところもあるでしょう。

3:「会ってからが本当の始まり」だと理解すべし!

いくらたくさんのメッセージを交わしたところで、実際に会ってみたら、「あれ? こういう人だったんだ?」と期待はずれなところは出てくるものです。

人は、実際に見えていない部分は、“自分の理想のイメージ”で補充してしまうところがあるので、思い込みの強い人ほど、実物の相手を見たときにがっかりしてしまうことがあるのです。

また、メッセージのやり取りだけだと、都合の悪い部分はスルーをして返信することもできるので、実際に会ってから、その隠されていた部分が明るみに出ることもあるでしょう。

サイト上でメッセージのやりとりだけでは、分からないことは色々とあります。例えば、話し方や声のトーン、雰囲気、匂いなどもそうでしょう。特に雰囲気や匂いは、「生理的に受け付けるかどうか」が関係する部分でもあるので、とても重要なところでもあります。

だから、会う前に気持ちを高ぶらせ過ぎないで、「会ってからが本当の始まり」だと思って、実際に対面してから、お互いのギャップを埋めていく作業が必要となるのです。

理想ばかり追い求めてしまう人は、それができないことも多く、逆に偽った自分を演じ過ぎた人は、相手がそのギャップを埋めきれないこともあるので、どんなに会う前にラブラブなやりとりをしていたとしても、実際に付き合うかどうかは、対面してみないと分からないものなんですよね。

関係を育てていくのは自分次第!

ここまで、「ネット婚活で失敗しがちな人が知っておくべき3か条」を紹介しました。婚活サイトは万能なツールではないので、結局のところ、自分に魅力がなければ、恋人を作るのは難しいものです。

さらに、今後もオンライン上だけで付き合っていくわけではないので、出会ってからは、リアルに相手と関係を築ける人であることが大切です。

ネット婚活は、「出会いのきっかけ作り」のツールに過ぎず、関係を育てていくのは自分次第だということを忘れずに!
(文:ひかり(恋愛ガイド))

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定