キスマイ玉森&宮田 衝撃のBLドラマにファン複雑「夢が叶った」「ガチ加減に困惑」

0

2020年10月14日 09:11  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真本格的BLドラマに挑戦した宮田俊哉と玉森裕太
本格的BLドラマに挑戦した宮田俊哉と玉森裕太
Kis-My-Ft2の玉森裕太(30)と宮田俊哉(32)が主演するBLドラマ『BE LOVE』(dtv)が配信される。「宮玉」の愛称で呼ばれる2人だが、まさかのBLドラマ決定にファンは大興奮だ。その一方、内容があまりにも生々しかったことに戸惑いの声も見られた。

【この記事の動画を見る】

8日夜、ジャニーズの人気グループ・Kis-My-Ft2のファンがザワついた。dTVが配信するバラエティ番組『キスマイどきどきーん』の公式Twitterが重大発表を予告したからだ。「明日重大発表あり」として「朝起きたら、本アカウントをチェックしに来てください〜!!」とツイートされ、その後フジテレビ系『めざましテレビ』の公式Twitterが玉森裕太と宮田俊哉の名前を添えて予告したことから、ファンの間では2人に関係する仕事が発表されることが予想されていた。

そして9日朝、『めざましテレビ』の放送を見たファンは驚愕することになる。dTVが予告した重大発表とは、玉森と宮田のBLドラマが配信されるというものだった。2人のユニット曲『BE LOVE』『星に願いを』『運命』がドラマ化され、16日から全4話で配信されるという。その予告映像を見る限り、ベッドで抱き合うシーンやキスシーンありの本格的なBLドラマのようだ。

予告映像を見たファンからは、「宮玉担の夢を叶えてくれてありがとう」と喜びの声があがった。その一方で「宮玉のガチ加減に困惑が止まらない」「娘が反BLファンが可哀想って言ってた」などの戸惑いの声もあった。

キスマイの玉森と宮田といえば、プライベートでも付き合いがある仲良しコンビだ。ジャニーズではステージの立ち位置が左右対称であるメンバー2人のことを「シンメ」と呼ぶが、玉森と宮田はこのシンメの関係に当たり「宮玉」の愛称でファンに親しまれてきた。

だがBL売りはあくまでもネタのようなもので、ガチではないからファンも楽しんでいられる部分がある。今回のように本気のBLドラマが決定すると、多少戸惑ってしまうファンはもちろんいる。またdTVの公式Twitterが「第一弾は宮玉」というハッシュタグを付けていたことから、第二弾以降もあるのではないかという憶測が広がった。

キスマイには他にも北山宏光(35)と藤ヶ谷太輔(33)の「藤北」、千賀健永(29)と二階堂高嗣(30)の「ニカ千」など名物シンメが存在する。中でも「藤北」はファンの間で絶大な人気を誇り、「一見不仲そうだが、実は強い絆で結ばれている」というBLファンの心をくすぐるような関係性を保っている。dTVが第二弾をほのめかしたことで、ファンからは「藤北も来るかもしれないという謎の期待と不安が入り混じる」という声があがった。

BL好きのジャニーズファンにとって、それは「メンバー同士の絡みが可愛い」「仲良しな所を見ていたい」というライトなものだ。今回のようにあまりにもリアルすぎると引いてしまうファンがいるのも事実である。藤ヶ谷と北山に関しても絶妙な距離感を望む声が多く、あまりにも生々しいBLドラマが実現してしまうと一部ファンからは反発の声も出そうだ。

メンバー同士が絡まないと不満が募り、絡みすぎると若干引いてしまう。BL好きのジャニーズファンに夢を与え続けるためには需要と供給のバランスが難しい。何はともあれ今回の配信ドラマがキスマイにとって新たなる起爆剤となればいいのだが…。



(TechinsightJapan編集部 すぎうら)
    ニュース設定